Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ファイル形式またはアプリケーション用のデータ ストアの選択

データ ストアとは、大きすぎてメモリに収まらないデータのコレクションを格納したリポジトリです。それぞれのファイル形式やアプリケーションでは、サポートされるデータ型やアプリケーションの種類に関係する特性をもった、異なる種類のデータ ストアが使用されます。MATLAB® には、Excel® ファイルなどの標準的なファイル形式用のデータ ストアや、深層学習などの特定のアプリケーション用のデータ ストアが備わっています。既存のデータ ストアに加え、データが独自の形式になっている場合は、カスタム データ ストア フレームワークを使用してカスタマイズされたデータ ストアを開発できます。

標準ファイル形式用のデータ ストア

標準ファイル形式のデータのコレクションでは、以下のオプションのいずれかを使用してください。

データ ストア説明
TabularTextDatastore

CSV ファイルなど、列方向のデータを含むテキスト ファイル

SpreadsheetDatastore

.xlsx など、サポートされている Excel 形式をもつスプレッドシート ファイル

ImageDatastore

JPEG や PNG など、imread によってサポートされる形式を含むイメージ ファイル

ParquetDatastore列方向データを含む Parquet ファイル
FileDatastore

非標準ファイル形式のファイル

カスタム ファイルの読み取り関数が必要

既存のデータ ストアの変換または結合。

データ ストア説明
CombinedDatastore基となる複数のデータ ストアから読み取ったデータを結合するデータ ストア
TransformedDatastore基となるデータ ストアを変換するデータ ストア

MapReduce および tall 配列と統合されるデータ ストア。

データ ストア説明
KeyValueDatastore

mapreduce の入力または出力であるキーと値のペアのデータ

TallDatastore

tall 配列のチェックポイントのデータ ストア

特定のアプリケーション用のデータ ストア

アプリケーションに基づいて、以下のデータ ストアのいずれかを使用してください。

アプリケーションデータ ストア説明必要なツールボックス

Simulink モデルのデータ

SimulationDatastore (Simulink)

Simulink® モデルで使用するシミュレーション入出力データ用のデータ ストア

Simulink

シミュレーション アンサンブルと予知保全のデータ

simulationEnsembleDatastore (Predictive Maintenance Toolbox)

シミュレーション アンサンブル データを管理するためのデータ ストア

Predictive Maintenance Toolbox™

fileEnsembleDatastore (Predictive Maintenance Toolbox)

アンサンブル データをカスタム ファイル形式で管理するためのデータ ストア

Predictive Maintenance Toolbox

測定データ形式 (MDF) ファイル

mdfDatastore (Vehicle Network Toolbox)

MDF ファイルのコレクション用のデータ ストア

Vehicle Network Toolbox™

mdfDatastore (Powertrain Blockset)

MDF ファイルのコレクション用のデータ ストア

Powertrain Blockset™

深層学習

イメージ データまたはシーケンス データの前処理用のデータ ストア

pixelLabelDatastore (Computer Vision Toolbox)

ピクセル ラベル データ用のデータ ストア

Computer Vision Toolbox™ および Deep Learning Toolbox™

pixelLabelImageDatastore (Computer Vision Toolbox)

セマンティック セグメンテーション ネットワークの学習用のデータ ストア

データ ストアは非確定的

Computer Vision Toolbox および Deep Learning Toolbox

boxLabelDatastore (Computer Vision Toolbox)

境界ボックス ラベルのデータ用のデータストア

Computer Vision Toolbox および Deep Learning Toolbox

signalDatastore (Signal Processing Toolbox)信号ファイルのコレクション用のデータストア

Signal Processing Toolbox™ および Deep Learning Toolbox

randomPatchExtractionDatastore (Image Processing Toolbox)

イメージまたはピクセル ラベル イメージからランダム パッチを抽出するためのデータ ストア

データ ストアは非確定的

Image Processing Toolbox™ および Deep Learning Toolbox

denoisingImageDatastore (Image Processing Toolbox)

イメージのノイズ除去を行うディープ ニューラル ネットワークの学習用データ ストア

データ ストアは非確定的

Image Processing Toolbox および Deep Learning Toolbox

augmentedImageDatastore (Deep Learning Toolbox)

学習イメージのサイズ変更と拡張用のデータ ストア

データ ストアは非確定的

Deep Learning Toolbox

オーディオ データaudioDatastore (Audio Toolbox)

オーディオ ファイル コレクション用のデータ ストア

Audio Toolbox™
メモリに収まらないイメージ データbigimageDatastore (Image Processing Toolbox)大きすぎてメモリに収まらない単一イメージの複数ブロックを管理するデータストアImage Processing Toolbox
データベースのデータdatabaseDatastore (Database Toolbox)

リレーショナル データベースのデータ コレクション用のデータ ストア

Database Toolbox™

カスタム ファイル形式

カスタム ファイル形式のデータのコレクションでは、個々のファイルがメモリに収まる場合、FileDatastore をカスタム ファイルの読み取り関数とともに使用します。そうでない場合は、matlab.io.Datastore クラスを使用して、カスタム データまたは独自のデータ用に完全にカスタマイズした独自のデータストアを開発します。カスタム データ ストアの開発を参照してください。

非確定的なデータ ストア

関数 read の呼び出し後、関数 reset の呼び出しに対して厳密に同じデータを返さないデータ ストアは、非確定的なデータ ストアです。tall 配列、mapreduce、またはデータを複数回読み取る必要がある他のコードでは、非確定的なデータ ストアを使用しないでください。

アプリケーションによっては、拡張や変換がランダムに行われるデータが必要です。たとえば、深層学習アプリケーションの augmentedImageDatastore (Deep Learning Toolbox) データストアは、ランダム化された前処理操作によって学習イメージ データを拡張しており、ネットワークによる過適合と学習イメージの正確な細部の記憶を防止する上で役立ちます。このデータ ストアの出力は、reset の呼び出しの後に read 操作を実行するたびに異なったものとなります。

参考

| | | | |

関連するトピック