Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

CombinedDatastore

基となる複数のデータ ストアから読み取ったデータを結合するデータ ストア

説明

自身以外の複数のデータ ストアから読み取ったデータを統合するには、CombinedDatastore オブジェクトを使用します。

CombinedDatastore は、基となるデータ ストアの対応する部分からデータが読み取られるように、基となるデータ ストア間のパリティを維持します。CombinedDatastore をリセットすると、基となるデータ ストアがすべてリセットされます。

作成

関数 combine を使用して CombinedDatastore オブジェクトを作成することができます。たとえば、dsnew = combine(ds1,ds2) は、データ ストア ds1ds2 から読み取ったデータを統合するデータ ストアを作成します。

プロパティ

すべて展開する

基となるデータ ストア。datastore オブジェクトの cell 配列として指定します。

データ型: cell

このプロパティは読み取り専用です。

書き込みでサポートされる形式のリスト。string の行ベクトルとして返されます。このプロパティは、writeall を使用してデータストアから出力ファイルを書き込む際に使用可能な出力形式を指定します。

データ型: string

オブジェクト関数

combine複数のデータ ストアのデータを統合
hasdataデータが読み取り可能かどうかを判別
previewデータ ストア内のデータのサブセット
readデータ ストアのデータの読み取り
readallデータ ストアのすべてのデータの読み取り
writeallファイルへのデータストアの書き込み
resetデータ ストアの初期状態へのリセット
transformデータ ストアの変換
numpartitionsデータ ストアの区画数
partitionデータ ストアを分割する
shuffleデータストア内のファイルをシャッフルする
isPartitionableデータストアが分割可能かどうかを判別
isShuffleableデータストアがシャッフル可能かどうかを判別

すべて折りたたむ

基となるデータ ストアのイメージ ペア間のパリティを維持するデータ ストアを作成します。たとえば、2 つのイメージ データストアを個別に作成してから、2 つのイメージ データストアから対応するイメージを読み取る統合データストアを作成します。

3 つのイメージの集合を表すデータ ストア imds1 を作成します。

imds1 = imageDatastore({'street1.jpg','street2.jpg','peppers.png'}); 

imds1 のイメージをグレースケール イメージに変換して、2 つ目のデータ ストア imds2 を作成します。

imds2 = transform(imds1,@(x) rgb2gray(x));

imds1imds2 から統合データ ストアを作成します。

imdsCombined = combine(imds1,imds2);

統合データ ストアから最初のイメージのペアを読み取ります。この統合データ ストアに対する個々の読み取り処理によって、12 列の cell 配列で表されるイメージのペアが返されます。

dataOut = read(imdsCombined)
dataOut=1×2 cell array
    {480x640x3 uint8}    {480x640 uint8}

統合データ ストアからの最初の読み取りの出力を表示します。

imshow(imtile(dataOut));

R2019a で導入