Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

readall

データ ストアのすべてのデータの読み取り

説明

data = readall(ds) は、ds で指定されたデータ ストアのすべてのデータを返します。データ ストアのすべてのデータがメモリに収まらない場合、readall はエラーを返します。

data = readall(ds,'UseParallel',tf) は、データを並列で読み取ります (Parallel Computing Toolbox™ が必要です)。

すべて折りたたむ

4 つのイメージを含む ImageDatastore オブジェクトを作成します。

imds = imageDatastore({'street1.jpg','street2.jpg','peppers.png','corn.tif'});

データ ストアのすべてのデータを読み取ります。

T = readall(imds);

出力を調べます。

imout = imtile(T);
imshow(imout)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type image.

表形式データが格納されたサンプル ファイル airlinesmall.csv からデータ ストアを作成します。

ds = tabularTextDatastore('airlinesmall.csv','TreatAsMissing','NA');

SelectedVariableNames プロパティを使用して対象の変数を指定します。

ds.SelectedVariableNames = {'DepTime','ArrTime','ActualElapsedTime'};

データストアのすべてのデータを並列で読み取ります。

T = readall(ds,'UseParallel',true);

readall により、すべてのデータが table に返されます。

テーブルに関する情報を表示します。選択した変数のみが出力に含まれます。

T.Properties
ans = 
  TableProperties with properties:

             Description: ''
                UserData: []
          DimensionNames: {'Row'  'Variables'}
           VariableNames: {'DepTime'  'ArrTime'  'ActualElapsedTime'}
    VariableDescriptions: {}
           VariableUnits: {}
      VariableContinuity: []
                RowNames: {}
        CustomProperties: No custom properties are set.
      Use addprop and rmprop to modify CustomProperties.

基となるデータストアのイメージ ペア間のパリティを維持するデータストアを作成します。たとえば、2 つのイメージ データストアを個別に作成してから、基となる 2 つのデータストアを表す統合データストアを作成します。

3 つのイメージの集合を表すイメージ データ ストア imds1 を作成します。

imds1 = imageDatastore({'street1.jpg','street2.jpg','peppers.png'}); 

imds1 のイメージをグレースケールに変換してから縮小して、2 番目のデータ ストア imds2 を作成します。

imds2 = transform(imds1,@(x) imresize(rgb2gray(x),0.5));

imds1imds2 から統合データ ストアを作成します。

imdsCombined = combine(imds1,imds2);

統合データ ストアからすべてのデータを読み取ります。出力は 3 行 2 列の cell 配列です。2 つの列は、それぞれ基となる 2 つのデータストア imds1 および imds2 から読み取ったすべてのデータを表します。

dataOut = readall(imdsCombined)
dataOut=3×2 cell array
    {480x640x3 uint8}    {240x320 uint8}
    {480x640x3 uint8}    {240x320 uint8}
    {384x512x3 uint8}    {192x256 uint8}

入力引数

すべて折りたたむ

入力データ ストア。次のデータ ストアを readall メソッドの入力として使用できます。

並列での読み取り。true または false として指定します。true を指定すると、readall はデータストアからすべてのデータを並列で読み取ります (Parallel Computing Toolbox が必要です)。並列読み取りにより、特にリモート データについて、データを読み取る際のパフォーマンスが向上する場合があります。

  • UseParallel プロパティと Parallel Computing Toolbox により、データストアの処理を改善できます。readall は、スレッドベースの並列プールなどのオーバーヘッドが少ない計算環境を使用して、サポートされるデータストアをローカル マシンで高速に読み取ります。スレッドベースの並列プールの詳細については、parpool (Parallel Computing Toolbox) を参照してください。

  • MATLAB ワーカーに基づく並列処理を使用しない場合は、特定のデータストア (imageDatastore など) について、MATLAB の組み込みのマルチスレッド機能によってローカル マシンで高速に処理されます。詳細については、MATLAB Multicore を参照してください。

例: readall(ds,'UseParallel',true)

出力引数

すべて折りたたむ

データ ストア内のすべてのデータ。ds のタイプに応じて table または cell 配列として返されます。

データ ストアの種類data のデータ型説明
TabularTextDatastoreSpreadsheetDatastoreテーブルテーブル変数は SelectedVariableNames プロパティにより決定されます。
ImageDatastorecell 配列 cell 配列の各要素には、1 つのイメージのイメージ データが格納されます。関数 readall は、関数 imread でサポートされるすべてのイメージ タイプをサポートします。サポートされるイメージ タイプの詳細については、imread を参照してください。
KeyValueDatastoreテーブルテーブル変数名は KeyValue です。
FileDatastorecell 配列cell 配列の各要素には、ReadFcn プロパティで指定されたカスタム読み取り関数を使用して 1 つのファイルから読み取られたデータが格納されます。
TransformedDatastoreVaries出力は、UnderlyingDatastores プロパティで指定された、基となるデータストアが返す出力と同じです。たとえば、基となるデータストアがイメージ データストアである場合、data は cell 配列として返され、cell 配列の各要素には 1 つのイメージのイメージ データが格納されます。
CombinedDatastorecell 配列

cell 配列の各要素には、UnderlyingDatastores プロパティで指定された、対応する基となるデータストアに対して readall を呼び出した結果が格納されます。

基となるデータストア内にあるデータのサブセット数が異なる場合、readall は、基となるデータストアすべてにデータがあるときのデータのみを返します。たとえば、統合データストアには基となる 2 つのデータストアがあり、一方のデータのサブセットが m 個、他方のデータのサブセットが n 個で、m > n であるとします。出力は、n 行 2 列の cell 配列になります。

拡張機能

R2014b で導入