ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

combine

複数のデータ ストアのデータを統合

説明

dsnew = combine(ds1,ds2,...,dsN) は、入力データ ストアについて関数 read が返したデータを水平方向に連結して、2 つ以上のデータ ストアを統合します。

すべて折りたたむ

基となるデータ ストアのイメージ ペア間のパリティを維持するデータ ストアを作成します。たとえば、2 つのイメージ データ ストアを個別に作成してから、基となる 2 つのデータ ストアを表す統合データ ストアを作成します。

3 つのイメージの集合を表すデータ ストア imds1 を作成します。

imds1 = imageDatastore({'street1.jpg','street2.jpg','peppers.png'}); 

imds1 のイメージをグレースケール イメージに変換して、2 つ目のデータ ストア imds2 を作成します。

imds2 = transform(imds1,@(x) rgb2gray(x));

imds1imds2 から統合データ ストアを作成します。

imdsCombined = combine(imds1,imds2);

統合データ ストアから最初のイメージのペアを読み取ります。この統合データ ストアに対する個々の読み取り処理によって、12 列の cell 配列で表されるイメージのペアが返されます。

dataOut = read(imdsCombined)
dataOut = 1x2 cell array
    {480x640x3 uint8}    {480x640 uint8}

統合データ ストアからの最初の読み取りの出力を表示します。

imshow(imtile(dataOut));

入力引数

すべて折りたたむ

統合対象のデータ ストア。2 つ以上の datastore オブジェクトをコンマで区切って指定します。組み込みデータ ストアの完全な一覧は、ファイル形式またはアプリケーション用のデータ ストアの選択を参照してください。カスタム データ ストアも指定できます。

出力引数

すべて折りたたむ

統合されたデータをもつ新しいデータ ストア。CombinedDatastore オブジェクトとして返されます。

dsnew オブジェクトは新しいデータ ストア インスタンスであり、基となる各データ ストアに対する読み取り処理の結果を水平方向に連結したものです。

R2019a で導入