ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

preview

データ ストア内のデータのサブセット

説明

data = preview(ds) は、データ ストア ds のデータのサブセットを現在の位置を変更せずに返します。

すべて折りたたむ

表形式データが格納されたサンプル ファイル airlinesmall.csv からデータ ストアを作成します。

ds = tabularTextDatastore('airlinesmall.csv','TreatAsMissing','NA');

SelectedVariableNames プロパティを変更して対象の変数を指定します。

ds.SelectedVariableNames = {'DepTime','ArrTime','ActualElapsedTime'};

選択した変数のデータをプレビューします。

data = preview(ds)
data=8×3 table
    DepTime    ArrTime    ActualElapsedTime
    _______    _______    _________________

      642        735              53       
     1021       1124              63       
     2055       2218              83       
     1332       1431              59       
      629        746              77       
     1446       1547              61       
      928       1052              84       
      859       1134             155       

関数 mapreduce の出力ファイルであるサンプル ファイル mapredout.mat からデータ ストアを作成します。

ds = datastore('mapredout.mat');

データ ストアのデータをプレビューします。

data = preview(ds)
data=1×2 table
    Key      Value 
    ____    _______

    'AA'    [14930]

基となるデータ ストアのイメージ ペア間のパリティを維持するデータ ストアを作成します。たとえば、2 つのイメージ データ ストアを個別に作成してから、基となる 2 つのデータ ストアを表す統合データ ストアを作成します。

3 つのイメージの集合を表すイメージ データ ストア imds1 を作成します。

imds1 = imageDatastore({'street1.jpg','street2.jpg','peppers.png'}); 

imds1 のイメージをグレースケールに変換してからイメージを水平方向に反転させることにより、2 番目のデータ ストア imds2 を作成します。

imds2 = transform(imds1,@(x) fliplr(rgb2gray(x)));

imds1imds2 から統合データ ストアを作成します。

imdsCombined = combine(imds1,imds2);

統合データ ストアのデータをプレビューします。出力は 1 行 2 列の cell 配列です。2 列はそれぞれ基となる 2 つのデータ ストア imds1 および imds2 の最初のデータ サブセットを表します。

dataOut = preview(imdsCombined)
dataOut = 1x2 cell array
    {480x640x3 uint8}    {480x640 uint8}

プレビューするデータを、タイル イメージのペアとして表示します。

tile = imtile(dataOut);
imshow(tile)

入力引数

すべて折りたたむ

入力データ ストア。次のデータ ストアを preview メソッドの入力として使用できます。

出力引数

すべて折りたたむ

データのサブセット。ds のタイプに従って table または配列として返されます。

データ ストアの種類data のデータ型説明
TabularTextDatastoreSpreadsheetDatastoreテーブルSelectedVariableNames プロパティで指定される変数をもつテーブル。このテーブルには最大 8 行が含まれます。
ImageDatastore整数配列

最初のイメージに対応する整数の配列整数配列の次元はイメージのタイプによって決まります。

  • グレースケール イメージの場合、data は m 行 n 列です。

  • トゥルーカラー イメージの場合、data は m x n x 3 です。

  • CMYK Tiff イメージの場合、data は m x n x 4 です。

関数 preview は、関数 imread でサポートされるすべてのイメージ タイプをサポートします。サポートされるイメージ タイプの詳細については、imread を参照してください。

KeyValueDatastoreテーブルKeyValue の変数のテーブル。
FileDatastoreテーブル読み取り関数が返す出力を含むテーブル。関数 fileDatastore'ReadFcn' パラメーターで指定されます。
TransformedDatastoreVaries出力は、UnderlyingDatastore プロパティで指定された、基となるデータ ストアが返す出力と同じです。たとえば、基となるデータ ストアがイメージ データ ストアでその ReadSize プロパティ値が 1 である場合、data は整数配列として返されます。
CombinedDatastorecell 配列cell 配列の各要素には、UnderlyingDatastores プロパティで指定された、対応する基のデータ ストアにより返された出力が格納されます。

R2014b で導入