ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hasdata

データが読み取り可能かどうかを判別

構文

tf = hasdata(ds)

説明

tf = hasdata(ds) は、ds で指定されたデータ ストアに読み取り可能なデータがある場合に logical 1 (true) を返します。その他の場合は logical 0 (false) を返します。

すべて折りたたむ

関数 mapreduce の出力ファイルであるサンプル ファイル mapredout.mat からデータ ストアを作成します。

ds = datastore('mapredout.mat');

読み取り可能なデータがなくなるまで、データ ストアのデータを読み取ります。

while hasdata(ds)
    T = read(ds);
end

入力引数

すべて折りたたむ

入力データ ストア。関数 datastore を使用して、データから datastore オブジェクトを作成できます。

参考

R2014b で導入