ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

shuffle

ImageDatastore 内のファイルをシャッフルする

説明

imdsrand = shuffle(imds) は、imds のファイルをランダムな順序で含む ImageDatastore オブジェクトを返します。

すべて折りたたむ

ImageDatastore オブジェクト imds を作成します。ファイルをシャッフルして、同じファイルをランダムな順序で含む新しいデータ ストアを作成します。

imds = imageDatastore(fullfile(matlabroot, 'toolbox', 'matlab', {'demos','imagesci'}),'LabelSource','foldernames','FileExtensions', {'.jpg', '.png', '.tif'})
imds = 

  ImageDatastore with properties:

      Files: {
             ' ...\matlab\toolbox\matlab\demos\cloudCombined.jpg';
             ' ...\matlab\toolbox\matlab\demos\example.tif';
             ' ...\matlab\toolbox\matlab\demos\landOcean.jpg'
              ... and 5 more
             }
     Labels: [demos; demos; demos ... and 5 more categorical]
    ReadFcn: @readDatastoreImage

imdsrand = shuffle(imds)
imdsrand = 

  ImageDatastore with properties:

      Files: {
             ' ...\matlab\toolbox\matlab\demos\street2.jpg';
             ' ...\matlab\toolbox\matlab\demos\landOcean.jpg';
             ' ...\matlab\toolbox\matlab\imagesci\corn.tif'
              ... and 5 more
             }
     Labels: [demos; demos; imagesci ... and 5 more categorical]
    ReadFcn: @readDatastoreImage

入力引数

すべて折りたたむ

入力データ ストア。ImageDatastore オブジェクトとして指定します。イメージ データから ImageDatstore を作成するには、関数 imageDatastore を使用します。

出力引数

すべて折りたたむ

出力データ ストア。imds のファイルをランダムな順序で含む ImageDatastore オブジェクトとして返されます。

R2016a で導入