ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gaussdesign

ガウス FIR パルス整形フィルターの設計

構文

h = gaussdesign(bt,span,sps)

説明

h = gaussdesign(bt,span,sps) はローパス FIR ガウス パルス整形フィルターを設計し、フィルター係数のベクトル h を返します。このフィルターはシンボル数 span で打ち切られ、各シンボル周期には sps 個のサンプルが含まれます。フィルターの次数 sps*span は偶数でなければなりません。

すべて折りたたむ

ビットを伝送するために使用する変調が、GMSK (ガウス最小シフト キーイング) パルスとなるよう指定します。このパルスには 3 dB の帯域があり、0.3 のビット レートと等価です。シンボルが 4 つとなるようフィルターを打ち切り、各シンボルを 8 つのサンプルで表します。

bt = 0.3;
span = 4;
sps = 8;
h = gaussdesign(bt,span,sps);
fvtool(h,'impulse')

入力引数

すべて折りたたむ

3 dB の片側帯域 (Hz) とシンボル時間 (秒) の積。この値は正の実数スカラーとして指定します。bt の値を小さくすると、パルス幅は大きくなります。

データ型: double | single

正の整数スカラーとして指定されるシンボルの数。

データ型: double | single

正の整数スカラーとして指定される、シンボル周期あたりのサンプル数 (オーバーサンプリング係数)。

データ型: double | single

出力引数

すべて折りたたむ

行ベクトルとして返される、ガウス パルス整形フィルターの FIR 係数。この係数は、通過帯域のノミナル ゲインが常に 1 となるように正規化されます。

データ型: double | single

参照

[1] Rappaport, Theodore S. Wireless Communications: Principles and Practice. 2nd Ed. Upper Saddle River, NJ: Prentice Hall, 2002.

[2] Krishnapura, N., S. Pavan, C. Mathiazhagan, and B. Ramamurthi. “A baseband pulse shaping filter for Gaussian minimum shift keying.” Proceedings of the 1998 IEEE International Symposium on Circuits and Systems. Vol. 1, 1998, pp. 249–252.

R2013b で導入