Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

時間領域および周波数領域解析

ボード線図やステップ応答などのシステム応答、応答時間やオーバーシュートなどのシステム特性、シミュレーション

時間領域および周波数領域の解析コマンドを使用して、ボード線図、ニコルス線図、ステップ応答、インパルス応答などの SISO および MIMO システム応答を計算および可視化できます。立ち上がり時間、整定時間、オーバーシュート、安定余裕などのシステム特性も抽出できます。ほとんどの線形解析コマンドは、応答データを返すか、応答プロットを生成できます。プロット コマンドの使用を開始するには、システム応答のプロットを参照してください。コマンド ラインでカスタマイズ可能なプロパティをもつプロットを作成するには、プロットのカスタマイズを参照してください。

アプリ

線形システム アナライザー線形時不変 (LTI) システムの時間応答と周波数応答の解析

関数

すべて展開する

step動的システムのステップ応答プロット、ステップ応答データ
stepinfo立ち上がり時間、整定時間、および他のステップ応答の特性
impulse動的システムのインパルス応答プロット、インパルス応答データ
initial状態空間モデルの初期条件応答
lsim動的システムの任意の入力へのシミュレーションされた時間応答をプロットする。シミュレーションされた応答データ
lsiminfo線形応答特性を計算
gensiglsim を使用してシステム応答をシミュレーションする周期信号を生成
covarホワイト ノイズによって励起されるシステムの出力および状態共分散
stepDataOptionsstep コマンドのオプション
bode周波数応答、またはゲインと位相データのボード線図
bodemag 周波数応答のゲインのみのボード線図
nyquist周波数応答のナイキスト線図
nichols周波数応答のニコルス線図
ngridニコルス線図を重ね合わせる
sigma動的システムの特異値プロット
freqrespグリッド上の周波数応答
evalfr与えられた周波数における周波数応答の評価
dcgainLTI システムの低周波数 (DC) ゲイン
bandwidth周波数応答帯域幅
getPeakGain動的システム周波数応答のピーク ゲイン
getGainCrossover指定されたゲインの交差周波数
fnormFRD モデルの点ごとのピーク ゲイン
norm線形モデルのノルム
db2magデシベル (dB) を振幅に変換する
mag2db振幅をデシベル (dB) に変換する

ブロック

LTI SystemSimulink での線形時不変システム モデル オブジェクトの使用
LPV System線形パラメーター変動 (LPV) システムのシミュレーション

トピック

解析プロットの基礎

  • システム応答のプロット
    この例では、時間領域および周波数領域の応答プロットを生成するためのコマンドの概要を示します。

時間領域解析

周波数領域解析

線形システム アナライザー

むだ時間をもつシステム

  • むだ時間をもつシステムの解析
    遅延のない LTI 解析にのみ慣れている場合は、遅延のあるシステムの時間と周波数応答には正常ではないように見える特徴があることがあります。
  • 遅延をもつ制御システムの解析
    多くのプロセスでは、伝達遅延や時間遅れとも呼ばれるむだ時間が発生します。遅延は、制御帯域を制限し、閉ループの安定性に影響する位相シフトを発生させるため、このようなプロセスを制御することは困難です。

用途