最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

時間領域システム特性の数値

この例では、stepinfo を使用して、立ち上がり時間、整定時間、オーバーシュートなどのステップ応答特性の数値を取得する方法を示します。lsiminfo でも同様の手法を使用して、任意の入力または初期条件に対するシステム応答の特性を取得することができます。

動的システム モデルを作成し、システムのステップ応答特性の数値を取得します。

H = tf([8 18 32],[1 6 14 24]);
data = stepinfo(H)
data = struct with fields:
        RiseTime: 0.2087
    SettlingTime: 3.4972
     SettlingMin: 1.1956
     SettlingMax: 1.6871
       Overshoot: 26.5302
      Undershoot: 0
            Peak: 1.6871
        PeakTime: 0.5987

出力は、複数のステップ応答特性の値を含む構造体になります。これらの値にアクセスする、または他の計算で参照するには、ドット表記を使用します。たとえば、data.Overshoot はオーバーシュート値です。

H のステップ応答が最終値の 0.5% 以内に落ち着くまでの所要時間を計算します。

data = stepinfo(H,'SettlingTimeThreshold',0.005);
t05 = data.SettlingTime
t05 = 4.8896

既定では、stepinfo は出力が最終値の 0.02 (2%) 以内に落ち着くまでの所要時間として、整定時間を定義します。より厳しい 0.005 の 'SettlingTimeThreshold' を指定すると、整定時間は長くなります。

オプションと特性の詳細については、stepinfo のリファレンス ページを参照してください。

参考

|

関連する例

詳細