最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

SISO システムの周波数応答

この例では、周波数応答をプロットし、単入力単出力 (SISO) 動的システム モデルの周波数応答データを取得する方法を示します。

伝達関数モデルを作成し、その周波数応答をプロットします。

H = tf([10,21],[1,1.4,26]); 
bode(H)

出力引数なしで bode を実行できる場合、周波数応答が画面上にプロットされます。プロットに周波数範囲を指定しない限り、bode はシステム ダイナミクスに基づいて周波数範囲を自動的に選択します。

1 ~ 13 rad/s の間の周波数応答を計算します。

[mag,phase,w] = bode(H,{1,13});

出力引数を指定して bode を呼び出すと、コマンドは、周波数応答のゲインと位相を含むベクトル mag および phase を返します。cell 配列入力 {1,13} は、1 ~ 13 rad/s 間の周波数のグリッドで応答を計算するように bode に指示します。bode はベクトル w に周波数点を返します。

参考

| |

関連する例

詳細