最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

安定性解析

ゲインと位相余裕、極と零点の位置

安定性は、制御できなくなったり、機器が損傷を受けることを避けるための、制御システムに対する基準の要件です。線形フィードバック システムでは、安定性は閉ループ伝達関数の極を見ることで評価できます。

ゲイン余裕と位相余裕は、ゲインの交差周波数でどの程度のゲインまたは位相の変化によって安定性が失われるかを測定します。これらの 2 つの量は共に、閉ループの安定性に対して推定される "安全性の余裕" を示します。安定余裕が小さいほど、安定性は低下します。

関数

すべて展開する

pole動的システムの極
zeroSISO 動的システムの零点とゲイン
damp固有振動数と減衰比
dsortゲインを基準にして離散時間の極を並べ替える
esort実数部を基準にして連続時間の極を並べ替え
tzero線形システムの不変零点
pzmap動的システムの極-零点プロット
iopzmapモデルの I/O 組に対する極-零点配置図をプロット
allmarginゲイン余裕、位相余裕、遅延余裕、および交差周波数
marginゲイン余裕、位相余裕、および交差周波数

注目の例