最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロットのカスタマイズ

解析プロットの外観と単位をカスタマイズ

対話型プロット ツールとプロット プロパティ エディターを使用して応答プロットをカスタマイズできます。このカテゴリの関数を使用して、コマンド ラインでカスタマイズ可能な応答プロットを生成します。線形解析プロットおよびデータの詳細については、時間領域および周波数領域解析を参照してください。

関数

すべて展開する

impulseplotインパルス応答をプロットし、プロット ハンドルを返す
initialplot初期条件応答をプロットし、プロット ハンドルを返す
lsimplot任意の入力に対して動的システムの応答をシミュレーションし、プロット ハンドルを返す
stepplotステップ応答をプロットし、プロット ハンドルを返す
bodeplot追加のプロット カスタマイズ オプションを使用してボード周波数応答をプロットする
nicholsplotニコルス周波数応答をプロットし、プロット ハンドルを返す
nyquistplot追加のプロット カスタマイズ オプションをもつナイキスト線図
sigmaplot周波数応答の特異値をプロットし、プロット ハンドルを返す
pzplotプロットのカスタマイズ オプションを使用した動的システム モデルの極-零点プロット
iopzplotLTI モデルの I/O 組に対する極-零点配置図をプロットしてプロット ハンドルを返す
bodeoptionsボード線図オプションの一覧を作成する
hsvoptionshsvplot のプロット オプション
nicholsoptionsニコルス線図オプションの一覧を作成
nyquistoptionsナイキスト線図オプションのリスト
pzoptions極/零点プロット オプションの一覧を作成
sigmaoptions特異値のプロット オプション一覧を作成する
timeoptions時間プロット オプションの一覧を作成する
setoptions応答プロットにプロット オプションを設定する
getoptions@PlotOptions ハンドル、またはプロットのオプション プロパティを返す
ctrlprefControl System Toolbox 設定の指定
updateSystem応答プロットにおける動的システム データの更新

トピック

プロパティと設定の階層

プロパティと設定の範囲について理解します。

プロットをカスタマイズする方法

プロット プロパティを変更してプロットをカスタマイズします。

線形システム アナライザー設定エディター

線形システム アナライザーで単位、フォント、応答プロット特性を設定します。

応答プロットのプロパティ エディターを使用した応答プロットのカスタマイズ

応答プロットの軸のラベル、範囲、フォント、グリッド、その他の属性を設定します。

プロット ツールを使用した応答プロットのカスタマイズ

プロット ツールのプロパティ エディターにより、応答プロットを対話的にカスタマイズできます。

コマンド ラインからの応答プロットのカスタマイズ

多数のプロットを変更する場合に、コマンド ライン インターフェイスを使用すると効率的です。

ツールボックス設定エディター

セッション間で維持するプロット設定を指定します。

対話型の応答プロット更新を伴う GUI の作成

GUI を作成して、対話型の入力に応じて変化する Control System Toolbox™ 応答プロットを表示します。