Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ツールボックス基本設定

ツールボックス基本設定の概要

ツールボックス基本設定を使用すると、セッション間で維持するプロットの設定を指定できます。

ツールボックス基本設定を開く

ツールボックス基本設定を開くには、

ctrlpref

と MATLAB® プロンプトで入力します。

線形システム アナライザー アプリで、[ファイル][ツールボックス基本設定] を選択してもツールボックス基本設定を開くことができます。

[単位] ペイン

[単位] ペインを使用すると、以下に対する設定を指定できます。

  • 周波数

    既定の [自動] オプションはシステム時間単位に相対的な周波数単位として rad/TimeUnit を使用します。ここで、TimeUnit は周波数領域プロットのシステムの TimeUnit プロパティで指定されるシステム時間単位です。異なる時間単位のある複数のシステムでは、最初のシステムの単位が使用されます。

    周波数の座標軸には、対数スケールまたは線形スケールを選択できます。

     その他の周波数単位オプション

  • [ゲイン] - デシベル (dB) または絶対値 (abs)

  • [位相] - 度またはラジアン

  • 時刻

    既定の [自動] オプションは、時間と周波数領域のプロットに対してシステムの TimeUnit プロパティで指定される時間単位を使用します。異なる時間単位のある複数のシステムでは、最初のシステムの単位が使用されます。

     その他の時間単位オプション

[スタイル] ペイン

[スタイル] ペインを使用すると、グリッドの表示と非表示を切り替えたり、作成するプロットのフォントや座標軸のフォアグラウンド カラーを設定したりできます。次の図に、[スタイル] ペインを示します。

以下の選択肢があります。

  • [グリッド] - 既定で新規プロットでのグリッド表示をアクティブ化

  • [フォント] - フォント サイズ、太字、およびイタリックを設定します。メニューからフォント サイズを選択するか、任意のフォント サイズの値をフィールドに入力します。

  • [] - 軸の前景に対して使用する色ベクトルを指定します。これは、X-Y 軸、グリッド線、目盛りラベルなどに適用されます。赤、緑、青 (RGB) のそれぞれの値を 3 要素からなるベクトルとして指定します。ベクトル要素の値は、0 から 1 の範囲です。

    RGB 値を数値として指定しない場合は、[選択] ボタンをクリックして、[色の選択] ダイアログ ボックスを開きます。

[オプション] ペイン

[オプション] ペインでは、時間応答と周波数応答についての選択肢があります。次の図は、[オプション] ペインの既定の設定を示します。

時間応答プロットの場合は、以下のオプションを利用できます。

  • 整定時間の表示 xx% — 整定時間の計算のしきい値を 0 から 100% までの任意のパーセンテージに設定します。既定値は 2% です。

  • xx% から yy% までの立ち上がり時間の指定 — 立ち上がり時間の標準的な定義は、信号が最終値の 10% から 90% になるまでにかかる時間です。最初の値が 2 番目の値よりも小さい場合は、任意の割合 (0% から 100%) を指定します。

周波数応答プロットの場合は、以下のオプションを利用できます。

  • この値より大きいゲイン値を表示 — 関心領域に注目できるように、応答プロットでのゲイン値の下限を指定します。

  • 位相のラップ — 位相を間隔 [–180º,180º) にラップします。異なる値で累積位相をラップするには、[分岐] フィールドに値を入力します。たとえば、0 を入力するとプロットが位相を間隔 [0º,360º) にラップします。

SISO ツール ペイン

SISO ツール ペインには制御システム デザイナーの設定があります。次の図は、[SISO ツール] ペインの既定の設定を示します。

以下が選択できます。

  • 補償器の形式 - 時定数、固有振動数、または零点-極-ゲインの形式のいずれかを選択できます。時定数の形式は、補償器の伝達関数を次の形式に因数分解したものです。

    K×(1+Tz1s)(1+Tz2s)(1+Tp1s)(1+Tp2s)

    ここで K は補償器の DC ゲインで、Tz1、Tz2、...、は零点における時定数で、Tp1、Tp2、...、は極における時定数です。

    固有振動数の形式は次のとおりです。

    K×(1+s/ωz1)(1+s/ωz2)(1+s/ωp1)(1+s/ωp2)

    ここで K は補償器の DC ゲインで、ωz1、ωz2 などと ωp1、ωp2 などは、それぞれ零点と極の固有振動数です。

    零点-極-ゲインの形式は次のとおりです。

    K×(s+z1)(s+z2)(s+p1)(s+p2)

    ここで、K は全補償器ゲインで、z1、z2、...、および p1、p2、...、はそれぞれ零点と極の位置です。

  • ボード線図オプション — 既定では、制御システム デザイナーは、青色の x と o として、それぞれプラントとセンサーの極と零点を示します。このチェック ボックスをオフにすると、ボード線図のプラントの極と零点が非表示になります。ただし、補償器の極と零点は (赤色で) 表示されることに注意してください。