最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

受動性およびセクター境界

受動性および任意の円錐セクター境界についてシステムを解析

受動性の制御は、プロセス制御、テレオペレーション、ヒューマンマシン インターフェイスおよびシステム ネットワークなどのアプリケーションにおける安全要件の一部となることがよくあります。受動性とは、より一般的なセクター境界の考え方の特殊な例であり、静的非線形性をもつフィードバック システムの絶対的な安定性を含む応用です。Control System Toolbox™ には、受動性および任意のセクター境界の両方について動的システムを解析するためのツールが備わっています。

関数

isPassive線形システムの受動性のチェック
getPassiveIndex線形システムの受動性インデックスの計算
passiveplot受動性インデックスの周波数の関数としての計算またはプロット
getSectorIndex線形システムの円錐セクター インデックスの計算
getSectorCrossoverセクター境界の交差周波数
sectorplot周波数の関数としてのセクター インデックスの計算またはプロット

トピック

受動性

受動性および受動性インデックスについて

システムは、それ自体がエネルギーを生成できず、最初に格納されているエネルギーの放散しかできない場合、受動的です。受動制御は、工程管理、テレオペレーション、ヒューマンマシン インターフェイスなどに応用されます。

受動性インデックス

線形時不変システムの受動性のさまざまな測定値を計算します。

受動システムの並列相互接続

受動システムの並列相互接続も受動的です。

受動システムの直列相互接続

受動システムの直列相互接続は必ずしも受動的ではありません。

受動システムのフィードバック相互接続

受動システムのフィードバック相互接続も受動的です。

セクター境界

セクター境界とセクター インデックスについて

セクター境界はシステムの I/O 軌跡に対する制約です。セクター インデックスは、システムの軌跡が特定のセクターをどの程度近似しているかの尺度となります。

量子化されたシステムの絶対的な安定性

この例では、線形時不変システムが円錐セクターに属する静的な非線形性とのフィードバック相互接続にある場合、絶対的な安定性を強制する方法を示します。