最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

esort

実数部を基準にして連続時間の極を並べ替え

構文

s = esort(p)
[s,ndx] = esort(p)

説明

esort は実数部をベースにベクトル p に含まれる連続時間の極を並べ替えます。不安定な固有値が最初に表示され、残りの極は実数部降順に並べられます。

左辺引数を使用して呼び出すと、s = esort(p) は並べ替えられた固有値を s で返します。

[s,ndx] = esort(p) は、この並べ替えで使用されたインデックスが含まれるベクトル、追加の引数 ndx を返します。

次の連続固有値を並べ替えます。

p
p =
  -0.2410+ 0.5573i
  -0.2410- 0.5573i
   0.1503         
  -0.0972         
  -0.2590 

esort(p)

ans =
   0.1503         
  -0.0972         
  -0.2410+ 0.5573i
  -0.2410- 0.5573i
  -0.2590 

制限

ベクトル p の固有値は複素共役対でなければなりません。

参考

| | | | |

R2006a より前に導入