最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

線形システム アナライザーを使用した線形解析

この例では、線形システム アナライザー アプリを使用して 1 つ以上の線形モデルの時間領域と周波数領域の応答を解析する方法を示します。

解析を開始する前に、MATLAB® ワークスペースで線形モデルを作成しておかなければなりません。モデルの作成方法の詳細は、基本モデルを参照してください。

線形解析を行う基本的な手順は、次のとおりです。

  1. 次の構文を使用して線形システム アナライザーを開き、1 つ以上のモデルを表示します。

    linearSystemAnalyzer(sys1,sys2,...,sysN)
    既定では、次の図のようなステップ応答のプロットが開きます。

    メモ

    あるいは、MATLAB デスクトップの [アプリ] タブで線形システム アナライザーを開きます。その場合、[ファイル][インポート] を選択して、MATLAB ワークスペースまたは MAT ファイルから線形モデルを読み込みます。

  2. 線形システム アナライザーに、さらにプロットを追加します。

    1. [編集][プロットの設定] を選択します。

    2. [プロットの設定] ダイアログ ボックスで、開くプロットの数を選択します。

  3. プロットに別の種類の応答を表示するには、右クリックしてプロット タイプを選択します。

  4. システムの性能を解析します。たとえば、ボード線図でピーク応答を、ステップ応答プロットで整定時間を解析します。

    1. 右クリックして、システムの特性を選択します。

    2. 表示されるドットをクリックして、特性の値を確認します。

参考

|

関連する例

詳細