最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

LTI System

Simulink での線形時不変システム モデル オブジェクトの使用

  • ライブラリ:
  • Control System Toolbox

説明

LTI System ブロックでは、線形システム モデル オブジェクトが Simulink® 環境にインポートされます。インポートする LTI モデルは [LTI システム変数] パラメーターで指定します。すべてのタイプのプロパーな線形時不変動的システム モデルをインポートできます。インポートされるシステムが状態空間 (ss) モデルの場合、[Initial states] パラメーターに初期状態値を指定できます。

端子

入力

すべて展開する

単入力の LTI システムの場合、入力信号はスカラーです。複数入力のシステムの場合、次のようなブロックを使用してシステム入力を 1 つのベクトル信号に組み合わせます。

出力

すべて展開する

単出力の LTI システムの場合、出力信号はスカラーです。複数出力のシステムの場合、出力信号はベクトルです。システム出力をスカラー信号に分割するには、次のようなブロックを使用します。

パラメーター

すべて展開する

ブロックの線形システムは、MATLAB® ワークスペース、モデル ワークスペースまたはデータ ディクショナリ内の MATLAB 式または変数として指定します。モデルは SISO または MIMO にすることができます。

大半の線形時不変の動的システム モデルがサポートされますが、以下は除きます。

  • frd モデルや genfrd モデルなどの周波数応答データ モデル。

  • idnlarx などの同定された非線形モデル。

  • udyn などのモデル化されていないダイナミクスをもつモデル。

指定するモデルはプロパーでなければなりません (isproper を参照)。

モデルは連続時間または離散時間にすることができます。LTI system ブロックが同期状態制御 (State Control ブロックを参照) を使用する Simulink モデル内にある場合は、離散時間モデルを指定しなければなりません。

Simulink は、シミュレーションを初期化する前にモデルをその状態空間の等価物に変換します。

線形システムが状態空間形式の場合、初期状態の値を、システムの状態数と同じ数のエントリをもつベクトルとして指定します。スカラー値を指定すると、ブロックはその値をシステムの各状態に適用します。既定値の [] は、すべての状態をゼロに初期化します。

伝達関数や零点-極-ゲイン モデルなどの状態空間形式ではない線形システムの場合、初期状態の概念の定義が明確でありません。そのようなモデルでは、実現アルゴリズムで使用される状態座標の選択によって初期状態が異なります。その結果、ブロックはそのようなモデルではこのパラメーターを無視します。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入