最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

離散時間モデルの時間領域応答

この例では、離散時間動的システム モデルのステップ応答プロットおよびステップ応答データを取得する方法を示します。離散時間モデルの時間領域応答を取得する方法は、時間のサンプル点がモデルのサンプル時間 Ts の制約を受けることを除き、連続時間モデルのそれと同じです。

この例の手法を impulseinitialimpulseplot、および initialpot などのコマンドで使用して、離散時間モデルの時間領域応答を取得することができます。

離散時間の伝達関数モデルを作成して、t = 0 でのステップ入力に対するその応答をプロットします。

H = tf([-0.06,0.4],[1,-1.6,0.78],0.1);
step(H)

離散時間モデルの場合、step はサンプル間では値が変わらないと仮定し、サンプル時間の倍数で応答をプロットします。

0.5 ~ 2.5 秒間の H のステップ応答を計算します。

[y,t] = step(H,0.5:0.1:2.5);

離散時間モデルの応答の時間ベクトルを指定する場合、タイム ステップは離散時間モデルのサンプル時間 Ts と一致しなければなりません。ベクトル t には、H のサンプル時間 0.1 秒の倍数値を取る時間点が 0.5 ~ 2.5 秒の間に含まれています。ベクトル y には、対応するステップ応答値が含まれています。

参考

| | | | |

関連する例

詳細