ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

領域とイメージのプロパティ

イメージ内のオブジェクトに関する情報の取得

アプリ

イメージの領域解析イメージ内の連結要素の参照とフィルター処理

関数

regionpropsイメージ領域のプロパティの計測
regionprops33 次元ボリューム イメージ領域のプロパティの計測
bwareaバイナリ イメージのオブジェクトの面積
bwareaopenバイナリ イメージからの小さなオブジェクトの削除
bwareafiltサイズによるバイナリ イメージからのオブジェクトの抽出
bwconncompバイナリ イメージ内の連結要素を検出
bwconvhullバイナリ イメージからの凸包イメージの生成
bwdistバイナリ イメージの距離変換
bwdistgeodesicバイナリ イメージの測地線距離変換
bweulerバイナリ イメージのオイラー数
bwferetフェレ プロパティの測定
bwperimバイナリ イメージのオブジェクトの周囲を検出
bwpropfiltバイナリ イメージからプロパティを使用してオブジェクトを抽出
bwselectバイナリ イメージのオブジェクトを選択
bwselect3バイナリ イメージのオブジェクトを選択
graydistグレースケール イメージのグレーで重み付けされた距離変換
imcontourイメージ データの等高線図
imhistイメージ データのヒストグラム
impixelピクセルの色の値
improfile線分に沿ったピクセル値の断面
corr22 次元相関係数
mean2行列要素の平均値
std2行列要素の標準偏差
bwlabel2 次元バイナリ イメージ内の連結要素をラベル付け
bwlabelnバイナリ イメージ内の連結要素をラベル付け
labelmatrixbwconncomp 構造体からラベル行列を作成

例および操作のヒント

イメージ ビューアー アプリでのピクセル情報の取得

個々のピクセルまたはピクセルの小さな近傍の場所と値に関する情報を表示できます。イメージ上でポインターを動かすと、この情報が更新されます。

イメージ ビューアー アプリでのピクセル間の距離の測定

2 つのピクセルの間に描画されたライン セグメントの長さを測定できます。ライン セグメントの位置を調整し、複数の測定値を作ることができます。

バイナリ イメージ内のオブジェクトのラベル付けと測定

バイナリ イメージ内のオブジェクトは、同じ値を持つ連結したピクセルの集合です。オブジェクトのカウント、ラベル付け、分離、そして面積の計算が実行できます。

イメージ ヒストグラムの作成

この例では、グレースケール イメージの強度の分布を表すヒストグラムを作成する方法を説明します。

イメージの平均、標準偏差および相関係数

2 次元イメージ内のすべてのピクセルの標準的な統計量が計算可能です。ツールボックスの統計量は、イメージの各列に個別に作用する 1 次元対応量とは異なります。

イメージの領域解析を使用した領域のプロパティ計算

この例では、バイナリ イメージの領域を発見し、領域プロパティを計算する方法を説明します。プロパティに基づいて領域を並べ替えられます。

概念

ピクセル値

イメージ内の 1 つ以上のピクセルの値を決定するには、イメージ上でポイントを対話的に選択する方法か、配列内のピクセル座標を指定する方法があります。

イメージ領域のプロパティ

イメージ内の領域は面積、重心、向き、境界ボックスなどのプロパティを持ちます。

バイナリ イメージの距離変換

バイナリ イメージの距離変換は各ピクセルから非ゼロ ピクセルまでの距離を表します。2 つのピクセル間の距離を測定するには、さまざまな方法があります。

イメージの強度プロファイル

イメージの強度プロファイルは、イメージ内のラインまたは経路に沿って等間隔に配置された点から取った強度値の集合です。

イメージ データの等高線図

等高線はイメージ内の一定の強度値に沿った線です。等高線図では、イメージ内のオブジェクトの輪郭を表示したり、あるいは 3 次元形状を 2 次元平面で表現できます。

注目の例