ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージの平均、標準偏差および相関係数

イメージの標準統計は、関数 mean2std2corr2 を使用して計算できます。mean2std2 は行列要素の平均と標準偏差を計算します。corr2 は同じサイズの行列間の相関係数を計算します。

これらの関数は『MATLAB® 関数リファレンス』で説明されている関数 meanstd、および corrcoef の 2 次元バージョンです。