ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ ヒストグラムの作成

この例では、関数 imhist を使用してイメージのヒストグラムを作成する方法を説明します。"イメージ ヒストグラム" はインデックス付きイメージまたはグレースケール イメージ内の強度の分布を示すグラフです。関数 imhist は、それぞれがデータ値の範囲を表す、等間隔の n 個のビンを定義し、各範囲内のピクセル数を計算することでヒストグラム プロットを作成します。ヒストグラムの情報は適切な改善を選択するときに使用できます。たとえば、イメージ ヒストグラムの強度値の範囲が狭いときは、強度調整関数を使用して値が広い範囲にわたって分布するように調整できます。

イメージをワークスペースに読み取って表示します。

I = imread('rice.png');
imshow(I)

ヒストグラムを作成します。米粒が表示されているこの例のイメージでは、imhist は 64 個のビンからなるヒストグラムを作成します。関数 imhist は既定でこのヒストグラムを表示します。ヒストグラムでは、背景色のダーク グレーに対応する約 100 のピークがあります。

figure;
imhist(I);