ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

improfile

線分に沿ったピクセル値の断面

説明

improfile は、現在の座標軸のグレースケール イメージ、バイナリ イメージまたは RGB イメージ内の 1 つまたは複数のラインのパスに沿ったピクセルの強度値を取得して、強度値のプロットを表示します。指定したパスが 1 つの線分の場合、improfile は、線分に沿った距離に対する強度値の 2 次元プロットを作成します。パスが 2 つ以上の線分で構成される場合、improfile は、それらの x 座標と y 座標に対する強度値の 3 次元プロットを作成します。

この構文では、マウスを使用してイメージ内の点をクリックすることにより、ラインまたはパスを設定できます。以前に選択していた点を除去するには、Backspace または Delete を押します。点の選択を終了するには、最後の点を追加するときに、Shift キーを押したままクリックするか、右クリックするか、ダブルクリックします。最後の点を追加せずに点の選択を終了するには、Return キーを押します。

improfile(n) は強度値を取得します。n は、含める点の数を指定します。

improfile(I,xi,yi) はピクセル強度値を取得します。I はイメージを指定し、xiyi は、線分の端点の空間座標を指定する、同じ長さのベクトルです。

improfile(I,xi,yi,n) はピクセル強度値を返します。n は、含める点の数を指定します。

c = improfile(___) は、c の強度値を返します。

[cx,cy,c] = improfile(I,xi,yi,n) は、長さ n のピクセル cx および cy の空間座標も返します。

[cx,cy,c,xi,yi] = improfile(I,xi,yi,n) は、線分 xiyi の端点の空間座標を指定する 2 つの同じ長さのベクトルも返します。

[___] = improfile(x,y,I,xi,yi) は既定ではない座標系を使用してピクセルの強度値を取得します。ここで xy はイメージの XDataYData を指定します。

[___] = improfile(x,y,I,xi,yi,n) は、既定ではない空間座標系を定義して、含める点の数 n を指定します。

[___] = improfile(___,method) は内挿法を指定します。

すべて折りたたむ

イメージをワークスペースに読み取って表示します。

I = imread('liftingbody.png');
imshow(I)

接続された線分を定義する x 座標と y 座標を指定します。

x = [19 427 416 77];
y = [96 462 37 33];

これらの線分のピクセル値の 3 次元プロットを表示します。

improfile(I,x,y),grid on;

入力引数

すべて折りたたむ

パスに沿って含める点の数。正の整数として指定します。この引数を省略すると、improfile は、パス中に存在するピクセル数とほぼ等価の値 n を設定します。

データ型: double

入力イメージ。RGB、グレースケールまたはバイナリ イメージとして指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16 | logical

x または y 次元の線分の端点の空間座標。数値ベクトルとして指定します。xiyi は同じ長さです。

データ型: double

ワールド座標の x または y 次元に沿ったイメージ範囲。[min max] 形式の 2 要素数値ベクトルとして指定します。xy はイメージの XDataYData を指定します。x および y のデータ型は一致しなければなりません。

データ型: single | double

内挿法。最近傍内挿では 'nearest'、あるいは 'bilinear' または 'bicubic' を指定します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

ピクセルの強度値。I がグレースケール強度イメージの場合は n 行 1 列の数値ベクトル、または I が RGB イメージの場合は n x 1 x 3 の数値配列として返されます。

データ型: double

x または y 次元のサンプリングされたピクセルの空間座標。n 行 1 列の数値ベクトルとして指定します。

データ型: double

R2006a より前に導入