ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

impixel

説明

P = impixel では現在の座標軸内でイメージから対話型でピクセルを選択することができます。この構文やその他の対話型構文を使用すると、ピクセル選択ツールは操作が完了するまで MATLAB® コマンド ラインをブロックします。ピクセルの選択を終了すると、impixel は、P にピクセル値を返します。

ピクセルの選択には、通常のボタン クリックを使います。既に選択しているピクセルを選択状態から解除するには、Backspace または Delete を押します。最後のピクセルを追加し、ピクセルの選択を 1 ステップで終了するには、Shift キーを押したままクリックするか、右クリックするか、ダブルクリックします。最後のピクセルを追加せずにピクセルの選択を終了するには、Return キーを押します。

P = impixel(I) はイメージ I のピクセル値を返します。関数 impixel は、イメージを表示し、マウスを使用してイメージからユーザーがピクセルを選択するまで待機します。

P = impixel(X,map) は、インデックス付きイメージ X 内のピクセルの値を、対応するカラーマップ map と共に返します。関数 impixel は、イメージを表示し、マウスを使用してイメージからユーザーがピクセルを選択するまで待機します。

P = impixel(I,c,r) はイメージ I の指定ピクセルの値を返します。サンプル ピクセルの列と行座標は、cr で指定されます。Pk 番目の行はピクセル (r(k),c(k)) の RGB 値を含みます。

P = impixel(X,map,c,r) はインデックス付きイメージ X の指定ピクセルの値を返します。サンプル ピクセルの列と行座標は、cr で指定されます。

P = impixel(x,y,I,xi,yi) は、指定されたイメージ I 内のピクセルの値を xy が指定するイメージ範囲がある既定ではない座標系を使用して、返します。xiyi は、P に値を返す値があるピクセルの空間座標を指定します。

P = impixel(x,y,X,map,xi,yi) は、指定されたインデックス付きイメージ X 内のピクセルの値を、既定ではない座標系を使用して、対応するカラーマップ map と共に返します。

[xi2,yi2,P] = impixel(___) は、選択したピクセルの座標も返します。

すべて折りたたむ

トゥルーカラー イメージをワークスペースに読み取ります。

RGB = imread('peppers.png');

抽出するピクセルの c 列と r 行のインデックスを特定します。

c = [1 12 146 410];
r = [1 104 156 129];

選択されたピクセル位置のデータを返します。

pixels = impixel(RGB,c,r)
pixels = 4×3

    62    29    64
    62    34    63
   166    54    60
    59    28    47

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。RGB、グレースケールまたはバイナリ イメージとして指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16 | logical

インデックス付きイメージ。数値配列として指定します。

データ型: single | double | uint8 | uint16 | logical

インデックス付きイメージ X と関連付けられたカラーマップ。m 行 3 列の数値配列として指定します。値が single データ型または double データ型の場合、範囲は [0, 1] でなければなりません。

データ型: single | double | uint8

サンプリングするピクセルの列または行インデックス。正の整数のベクトルとして指定します。c および r の長さとデータ型は一致しなければなりません。

データ型: single | double

ワールド座標の x または y 次元に沿ったイメージ範囲。[min max] 形式の 2 要素数値ベクトルとして指定します。xy の値はイメージの XDataYData を設定します。x および y のデータ型は一致しなければなりません。

データ型: single | double

x および y で定義されるワールド座標系でサンプリングするピクセルの x または y 座標。数値ベクトルとして指定します。xi および yi の長さとデータ型は一致しなければなりません。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

サンプリングされたピクセル値。p 行 3 列の行列として返されます。impixel は、イメージ タイプに関係なく、RGB 3 成分としてピクセル値を常に返します。行列の各行の値は、イメージのタイプによって異なります。

イメージ タイプ

結果

RGBピクセルに対して実際の RGB データを返します。これらの値のデータ型は double です。
グレースケールR=G=B である RGB 3 成分として強度値を返しますこれらの値のデータ型は double です。
インデックス付きピクセル値がポイントするカラーマップの行に保存された RGB 3 成分を返します。値はカラーマップ map と同じデータ型となります。
バイナリR=G=B である RGB 3 成分として強度値を返しますこれらの値のデータ型は double です。

サンプリングされたピクセルの x または y 座標。数値ベクトルとして返されます。

  • マウスで対話型でピクセルを選択する場合、または列インデックス c および行インデックス r を使用してピクセルを指定する場合、xi2yi2 はピクセルのインデックスとして解釈されます。

  • 既定ではない空間座標系で、イメージ範囲 xy を指定する場合、xi2yi2 はその座標系の x および y 座標と解釈されます。

R2006a より前に導入