Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bwselect

バイナリ イメージのオブジェクトを選択

説明

BW2 = bwselect(BW,c,r) は、ピクセル (r, c) と重なるオブジェクトを含むバイナリ イメージを返します。オブジェクトは、on ピクセル (1 の値をもつピクセル) の集合に連結しています。

BW2 = bwselect(BW,c,r,n) は、オブジェクトの連結性 n も、4 連結または 8 連結として指定します。

[BW2,idx]= bwselect(___) は、選択したオブジェクトに属するピクセルの線形インデックスを返します。

[x,y,BW2,idx,xi,yi]= bwselect(___) は、イメージの x および y の範囲と、ピクセルの (xi, yi) 座標を返します。既定では、bwselect は固有座標系を使用し、x および y がイメージの XData および YData となるようにします。

[___] = bwselect(x,y,BW,xi,yi,n) は、ベクトル x および y から、既定ではないワールド座標系を BW に設定します。引数 xi および yi は、ワールド座標系でのピクセル座標を指定します。

[___] = bwselect(BW,n) は、イメージ BW を Figure に表示します。マウスを使用すると対話的に (r, c) 座標を選択できます。この構文やその他の対話型構文を使用すると、bwselect は点の選択を終了するまで MATLAB® コマンド ラインをブロックします。

対話的に点を選択する方法の詳細については、対話型動作を参照してください。

入力引数のない [___] = bwselect では、現在の座標軸でイメージの (r, c) 座標を対話的に選択できます。

すべて折りたたむ

バイナリ イメージのオブジェクトを選択し、それらのオブジェクトのみを含む新しいイメージを作成します。

バイナリ イメージをワークスペースに読み取ります。

BW = imread('text.png');

行インデックスと列インデックスを使用して、イメージ内のオブジェクトの位置を指定します。

c = [43 185 212];
r = [38 68 181];

選択したオブジェクトのみを含む新しいバイナリ イメージを作成します。この例では 4 連結オブジェクトを指定します。

BW2 = bwselect(BW,c,r,4);

元のイメージと新しいイメージを並べて表示します。

imshowpair(BW,BW2,'montage');

入力引数

すべて折りたたむ

バイナリ イメージ。2 次元数値行列または 2 次元 logical 行列として指定します。

例: BW = imread('text.png');

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

列インデックス。数値スカラーまたは数値ベクトルとして指定します。rc が長さの等しいベクトルの場合、BW2 にはピクセル (r(k),c(k)) のいずれかと重なるオブジェクトの集合が含まれます。

例: c = [43 185 212];

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

行インデックス。数値スカラーまたは数値ベクトルとして指定します。rc が長さの等しいベクトルの場合、BW2 にはピクセル (r(k),c(k)) のいずれかと重なるオブジェクトの集合が含まれます。

例: r = [38 68 181];

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

連結性。4 または 8 として指定します。

説明
44 連結オブジェクト
88 連結オブジェクト

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ワールド x 軸座標。数値スカラーまたは y と同じ長さの数値ベクトルとして指定します。x および y を使用して、既定ではない空間座標系を設定します。既定では、x および y を指定しない場合、bwselectx が [1, size(BW,2)] となる固有座標系を使用します。

例: x = [19.5 23.5];

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ワールド y 軸座標。数値スカラーまたは x と同じ長さの数値ベクトルとして指定します。x および y を使用して、既定ではない空間座標系を設定します。既定では、x および y を指定しない場合、bwselecty が [1, size(BW,1)] となる固有座標系を使用します。

例: y = [8.0 12.0];

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ワールド座標系における点の x 座標。数値スカラーまたは数値ベクトルとして指定します。

例: x = [19.5 23.5];

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

ワールド座標系における点の y 座標。数値スカラーまたは数値ベクトルとして指定します。

例: y = [8.0 12.0];

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

指定したピクセルに重なるオブジェクトを含むバイナリ イメージ。logical 配列として返されます。BW2 は、r および c または xi および yi で指定されたピクセルのいずれかと重なっている一連のオブジェクトを含みます。

出力引数を指定しない場合は、bwselect によって新しい Figure に出力イメージが表示されます。

選択したオブジェクトに属するピクセルの線形インデックス。数値ベクトルとして返されます。

詳細

すべて折りたたむ

対話型動作

ピクセル座標を指定せずに bwselect を実行すると、bwselect によって Figure ウィンドウのイメージから点を対話的に選択できます。これらのコマンドを使用して点を選択できます。

対話型動作説明
点を追加する

イメージ内の点を左クリックします。

前の点を削除する

Backspace キーまたは Delete キーを押します。

最後の点を追加して、選択を完了する

右クリックするか、ダブルクリックするか、Shift キーを押しながら左クリックします。

最後の点を追加せずに選択を完了する

Return キーを押します。

拡張機能

R2006a より前に導入