ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bwselect3

バイナリ イメージのオブジェクトを選択

説明

J = bwselect3(V,C,R,P) は、ピクセル位置 (RCP) に重なるオブジェクトを含むバイナリ ボリューム J を返します。RC、および P は、ピクセル位置の行、列、平面インデックスを指定するスカラーまたは長さの等しいベクトルです。オブジェクトは、1 の値を持つピクセルの連結集合です。

RC、および P をベクトルとして指定する場合、J は任意のピクセル (R(k)、C(k)、P(k)) と重なるオブジェクトの集合を含みます。ここで、k はベクトルのインデックスです。

J = bwselect3(X,Y,Z,V,Xi,Yi,Zi) は、ベクトル XYZ を使用して既定ではない空間座標系を V に設定します。XiYi、および Zi は、この座標系内のピクセル位置を指定するスカラーまたは長さの等しいベクトルです。

[J] = bwselect3(___,N) はバイナリ ボリュームを返します。N はオブジェクトの定義に使用する連結性を指定します。

[J,idx] = bwselect3(___) は、idx を返します。これは、選択したオブジェクトに属するピクセルを指定する、線形インデックスの列ベクトルです。

[X,Y,Z,J,Xi,Yi,Zi] = bwselect3(___) は、XY、および Z の出力ボリュームの XDataYData、および ZData と共に、バイナリ ボリューム J を返します。XiYi、および Zi は、指定した空間座標を含みます。

[X,Y,Z,J,idx,Xi,Yi,Zi] = bwselect3(___) は、選択したオブジェクトに属するピクセルを指定する線形インデックスの列ベクトルである idx と共に、バイナリ ボリューム J を返します。

すべて折りたたむ

ボリュームを読み込んで名前を V に変更します。

load mristack;
V = mristack;

ボリューム内の一連の点を定義します。

C = [126 87 11];
R = [34 120 20];
P = [20 2 12];

指定した点と交差するオブジェクトを含むボリュームを返します。

J = bwselect3(V,C,R,P);

入力引数

すべて折りたたむ

入力ボリューム。非スパース、3 次元、logical または数値配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical

オブジェクトの行インデックス。数値スカラーまたはベクトルとして指定します。ベクトルとして指定する場合、RC および P と同じ長さでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

オブジェクトの列インデックス。数値スカラーまたはベクトルとして指定します。ベクトルとして指定する場合、CR および P と同じ長さでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

オブジェクトの平面インデックス。数値スカラーまたはベクトルとして指定します。ベクトルとして指定する場合、PR および C と同じ長さでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

連結性。618、または 26 として指定します。オブジェクトは、1 の値を持つピクセルの連結集合です。

連結性

連結性
66 連結オブジェクト (面 - 面)
1818 連結オブジェクト (面 - 面、辺 - 辺)
2626 連結オブジェクト (面 - 面、辺 - 辺、および頂点 - 頂点)

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

既定以外の座標系の X 方向の範囲。ベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

既定以外の座標系の Y 方向の範囲。ベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

既定以外の座標系の Z 方向の範囲。ベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

既定以外の座標系の位置の X 座標。スカラーまたはベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

既定以外の座標系の位置の Y 座標。スカラーまたはベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

既定以外の座標系の位置の Z 座標。スカラーまたはベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

出力ボリューム。N 次元 logical 配列として返されます。J は、RC、および P、または XiYi、および Zi で指定されたピクセルのいずれかと重なっている一連のオブジェクトを含みます。

選択したオブジェクトに属するピクセルの線形インデックス。ベクトルとして返されます。

ボリューム Xdata のプロパティ。ベクトルとして返されます。

ボリューム Ydata のプロパティ。ベクトルとして返されます。

ボリューム Zdata のプロパティ。ベクトルとして返されます。

既定以外の座標系の位置の X 座標。スカラーまたはベクトルとして返されます。

既定以外の座標系の位置の Y 座標。スカラーまたはベクトルとして返されます。

既定以外の座標系の位置の Z 座標。スカラーまたはベクトルとして返されます。

R2017b で導入