ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ ビューアー アプリでのピクセル間の距離の測定

距離ツールを使用したピクセル間の距離の特定

  1. イメージ ビューアーでイメージを表示します。

    imtool('moon.tif') 
  2. イメージ ビューアーのツール バーで [距離] ツール ボタン をクリックするか、[ツール] メニューから [距離の測定] を選択します。距離ツールでは、クリック アンド ドラッグ手法により距離を測定できます。ポインターをイメージ上に移動すると、ポインターが十字 に変わります。測定する領域の開始点に十字を配置し、マウス ボタンを押したまま、領域の終わりまで十字をドラッグしてボタンを離します。

    距離ツールでは、ラインの上に重なったラベルにラインの 2 つの端点間のユークリッド距離が表示されます。このツールは、XData プロパティと YData プロパティで指定されたデータ単位で距離を示します (既定の設定ではピクセル)。

  3. イメージ ビューアーの距離ツールを使用する代わりに、imshow を使用して Figure ウィンドウを開き、imdistline を呼び出す方法もあります。距離ツールは、イメージの上に水平線として表示されます。このラインは再配置したり、終端点のいずれかをドラッグしてツールのサイズを変更したりすることができます。

端点と距離データのエクスポート

端点の位置と距離の情報を保存するには、距離ツールを右クリックして、コンテキスト メニューから [ワークスペースにエクスポート] を選択します。距離ツールで [ワークスペースにエクスポート] ダイアログ ボックスが開きます。このダイアログ ボックスを使用して、この情報の格納に使用する変数名を指定できます。

[OK] をクリックすると、次の例のように距離ツールによってワークスペースに変数が作成されます。

whos
  Name          Size            Bytes  Class     Attributes

  distance      1x1                 8  double              
  point1        1x2                16  double              
  point2        1x2                16  double 

距離ツールの外観のカスタマイズ

距離ツールのコンテキスト メニューを使用すると、距離ツールの外観と動作の多くの局面をカスタマイズできます。これらのコンテキスト メニュー オプションにアクセスするには、ライン上にポインターを配置し、右クリックします。

  • [距離ラベルを表示する] オプションを使用して、距離ツールのラベルの表示のオン/オフを切り替える。

  • [色の設定] オプションを使用して距離ツールのラインの表示に使用する色を変更する。

  • [ドラッグの制約] オプションを使用して、ツールの動作を水平または垂直に制約する。

  • [削除] オプションを使用して距離ツール オブジェクトを削除する。

コンテキスト メニューを表示するには、距離ツールを右クリックします。