Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

イメージ ビューアー

イメージの表示と調査

説明

イメージ ビューアー アプリは、画像表示機能を備えており、イメージ内を移動したり調査したりするための複数のツールを利用でき、いくつかの一般的なイメージ処理タスクを実行できます。使用可能なツールの詳細については、イメージ ビューアー アプリ入門を参照してください。

Image Viewer app

イメージ ビューアー アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にある [イメージ ビューアー] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: 関数 imtool を使用します。

ヒント

  • Image Processing の基本設定ダイアログ ボックスを使用して、イメージ ビューアーの既定の表示動作を変更できます。このダイアログにアクセスするには、MATLAB デスクトップまたはイメージ ビューアーのメニューの [ファイル][基本設定] を選択します。また、関数 iptsetpref を使用してプログラム的にこれらの基本設定を行うこともできます。

  • close all コマンドを呼び出してもイメージ ビューアーは終了しません。複数のイメージ ビューアーを閉じるには、構文 imtool close all を使用するか、イメージ ビューアー[ファイル] メニューから [すべて閉じる] を選択します。

R2014b で導入