ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

基本的な表示

イメージ データの表示、マルチフレーム イメージ (ムービー) の表示、表示設定

表示関数を使用する前に、ツールボックスで定義されたイメージ タイプを理解してください。さまざまなイメージ タイプの表示を参照してください。

アプリ

イメージ ビューアーイメージの表示と調査
イメージ ブラウザーサムネイルを使用したイメージの参照
ボリューム ビューアーボリューム データとラベル付きボリューム データの表示

関数

すべて展開する

imshowイメージの表示
imfuse2 つのイメージの合成
imshowpairイメージ間の差の比較
montage複数のイメージ フレームを四角形モンタージュとして表示
immovieマルチフレーム イメージからのムービーの作成
implayムービー、ビデオ、イメージ シーケンスを再生
warpテクスチャ マッピングされた表面のイメージの表示
volshowボリューム データの表示
labelvolshowラベル付きボリュームの表示
iptgetprefImage Processing Toolbox 設定の値の取得
iptprefs[Image Processing Toolbox の [設定] ダイアログ ボックスの表示
iptsetprefImage Processing Toolbox の設定または有効値の表示

トピック

Figure ウィンドウでのイメージ表示

イメージの表示と調査の概要

ツールボックスが自動的にグラフィックス オブジェクトのプロパティを設定してイメージの表示を最適化します。

イメージを Figure ウィンドウに表示

Figure ウィンドウにはグレースケール、RGB、インデックス付き、およびバイナリ イメージを表示できます。イメージ データの各要素は単一スクリーン ピクセルに表示されます。

複数イメージの表示

複数のイメージを異なる Figure ウィンドウまたは 1 つの Figure ウィンドウに表示できます。比較を容易にするために 2 つのイメージをまとめて作成できます。

さまざまなイメージ タイプの表示

トゥルーカラー、グレースケール、バイナリ、およびインデックス付きイメージを、Figure ウィンドウまたは対話型のイメージ ビューアー アプリ内で表示できます。

表示されるイメージへのカラーバーの追加

カラー バーには、データの値と図に表示される色の対応が表示されます。

イメージの印刷

イメージを文書処理プログラムまたは画像エディターで使用するには、イメージを出力します。

表示設定の管理

設定を表示および編集して、イメージの既定の画面表示方法を制御できます。

対話型のイメージ表示

イメージ ビューアー アプリを使用したイメージの操作

イメージ ビューアー アプリを使用してイメージの表示、調査および処理を対話的に行えます。

フォルダーまたはデータストアにあるイメージのサムネイル表示

イメージ ブラウザー アプリを使用すると、フォルダーにあるすべてのイメージの縮小バージョン ("サムネイル" と呼ばれる) を表示できます。イメージをプレビューして他のアプリケーションから直接開きます。

ビデオ ビューアー アプリでのイメージ シーケンスの表示

ビデオ ビューアー アプリによるイメージ シーケンスをアニメーション化できます。再生、パン、およびズーム コントロールを使用してイメージ シーケンスを調べます。

マルチフレーム イメージからムービーへの変換

トゥルーカラーまたはインデックス付きイメージのイメージ シーケンスからムービーを作成できます。ムービーは MATLAB® 環境での再生、またはビデオ ファイルへの書き込みができます。

ボリューム ビューアー アプリを使用した 3 次元ボリューム データの調査

ボリューム ビューアー アプリを使用して、3 次元ボリューム データの直交断面を表示できます。レンダリングを調整してボリュームの構造を明らかにします。

ボリューム ビューアー アプリを使用した 3 次元ラベル付きボリューム データの調査

ボリューム ビューアー アプリを使用して、3 次元ラベル付きボリューム データを表示できます。ボリュームとラベル付きボリュームを同時に表示して、不透明度とカラーマップを変更できます。