ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージの表示と調査の概要

Image Processing Toolbox™ ソフトウェアには imshowimtool の 2 つの表示関数が含まれています。どちらの関数もグラフィックス アーキテクチャ内で機能します。イメージ オブジェクトを作成し、figure オブジェクトに格納される axes オブジェクトで表示します。

imshow は、基本的なイメージ表示関数です。imshow は、グレースケール (強度)、トゥルーカラー (RGB)、バイナリ、インデックス付きなど、ツールボックスでサポートされるさまざまなイメージ タイプのいずれかを表示する場合に使用します。詳細は、イメージを Figure ウィンドウに表示を参照してください。関数 imshow は、ツールボックスのモジュラー ツールを使用して作成できるイメージ アプリケーションの主要な基本構成でもあります。詳細は、対話型ツールの構築を参照してください。

他方のツールボックス表示関数 imtool は、イメージ ビューアー アプリを開き、イメージの表示と一般的な画像処理の作業を行うための統合された環境を提供します。イメージ ビューアーは、imshow のすべてのイメージ表示機能を備えていますが、スクロール バー、ピクセル領域ツール、イメージ情報ツール、コントラスト調整ツールなど、イメージのナビゲートや調査のためのその他のツールへのアクセスも提供します。詳細は、イメージ ビューアー アプリを使用したイメージの操作を参照してください。

ツールボックス関数は、特定のグラフィックス オブジェクトのプロパティを自動的に設定してイメージ表示を最適化するため、通常は、MATLAB® のイメージ表示関数 image および imagesc を使用するよりも、ツールボックス関数を使用してイメージを表示することが望まれます。次の表は、これらのプロパティおよび、イメージ タイプごとの設定を示します。この表では、X はインデックス付きイメージ、I はグレースケール イメージ、BW はバイナリ イメージ、そして RGB はトゥルーカラー イメージを表します。

メモ:

imshowimtool は、どちらもイメージ データの自動スケーリングを実行できます。構文 imshow(I,'DisplayRange',[]) を使用して呼び出された場合、imtool と同様に、関数は座標軸 CLim プロパティを [min(I(:)) max(I(:))] に設定します。グレースケール イメージに対しては CDataMapping は常に scaled であるため、値 min(I(:)) はカラーマップの最初の色を使用して表示され、値 max(I(:)) はカラーマップの最後の色を使用して表示されます。

プロパティ

インデックス付きイメージ

グレースケール イメージ

バイナリ イメージ

トゥルーカラー イメージ

CData (イメージ)

X 内のデータに設定

I 内のデータに設定

BW 内のデータに設定

RGB 内のデータに設定

CDataMapping (イメージ)

'direct' に設定

'scaled' に設定

'direct' に設定

CData が 3 次元の場合は無視

CLim (座標軸)

適用しない

double: [0 1]
uint8
:  [0 255]
uint16
[0 65535]

[0 1] に設定

CData が 3 次元の場合は無視

Colormap (Figure)

map 内のデータに設定

グレースケール カラーマップに設定

値が黒から白の範囲のグレースケール カラーマップに設定

CData が 3 次元の場合は無視