ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

montage

複数のイメージ フレームを四角形モンタージュとして表示

説明

montage(filenames) は、filenames でファイル名が指定されたイメージのモンタージュを表示します。イメージは、タイプとサイズが異なる場合があります。既定では、montage はイメージを、だいたい正方形になるように配置します。

montage(I) はマルチフレーム イメージ配列 I のすべてのフレームを表示します。

montage(imagelist) は、cell 配列 imagelist で指定されたイメージのモンタージュを表示します。

montage(imds) は、イメージ データストア imds で指定されたイメージのモンタージュを表示します。

montage(X,map)X にあるすべてのグレースケール イメージをインデックス付きイメージとして扱い、すべてのフレームに指定カラーマップ map を適用します。X がファイル名の cell 配列である場合、map はイメージ ファイルに存在する任意の内部カラーマップをオーバーライドします。

montage(___,Name,Value) は、名前と値のペアの引数を使用してイメージ モンタージュの表示をカスタマイズします。

img = montage(___) は、表示されたすべてのフレームを含む単一のイメージ オブジェクトのハンドルを返します。

すべて折りたたむ

ファイルの一連のイメージからモンタージュを作成します。モンタージュを 2 行 5 列の四角形にします。次に、2 番目のモンタージュを作成します。ここでは DisplayRange パラメーターを使用してイメージ内の構造を強調表示します。

イメージの矩形モンタージュとしての表示

一連のファイル名を含む string 配列を作成します。

fileFolder = fullfile(matlabroot,'toolbox','images','imdata');
dirOutput = dir(fullfile(fileFolder,'AT3_1m4_*.tif'));
fileNames = string({dirOutput.name});

イメージをモンタージュとして表示します。モンタージュの形状を 2 行 5 列の四角形に指定します。

montage(fileNames, 'Size', [2 5]);

モンタージュでのイメージのコントラストの調整

別の Figure に、同じ 2 行 5 列のモンタージュを作成します。さらに、表示範囲を指定し、モンタージュのイメージのコントラストを調整します。

figure 
montage(fileNames, 'Size', [2 5],'DisplayRange', [75 200]);

一連のグレースケール イメージから m x n x 4 のマルチフレーム イメージを作成します。イメージはすべて同じサイズでなければなりません。

img1 = imread('AT3_1m4_01.tif');
img2 = imread('AT3_1m4_02.tif');
img3 = imread('AT3_1m4_03.tif');
img4 = imread('AT3_1m4_04.tif');
multi = cat(3,img1,img2,img3,img4);

マルチフレーム イメージ内のイメージのモンタージュを表示します。

montage(multi);

タイプとサイズが異なる複数のイメージをワークスペースに読み取ります。

imRGB = imread('peppers.png');
imGray = imread('coins.png');

すべてのイメージを含むモンタージュを表示します。

figure
montage({imRGB, imGray, 'cameraman.tif'})

既定の設定のモンタージュを使用して MRI データ セットのすべてのイメージを表示します。このセットには 27 個のイメージがあります。

load mri
montage(D, map)

最初の 9 個のイメージのみを含む新しいモンタージュを作成します。

figure
montage(D, map, 'Indices', 1:9);

Image Processing Toolbox™ サンプル イメージ フォルダーから一連の 10 個のイメージを含む ImageDatastore を作成します。

fileFolder = fullfile(matlabroot,'toolbox','images','imdata');
imds = imageDatastore(fullfile(fileFolder,'AT3*'));

ImageDatastore の内容をモンタージュとして表示します。

montage(imds)

入力引数

すべて折りたたむ

イメージ データ ストア。ImageDatastore として指定します。

イメージを含むファイルの名前。string の配列または n 行 1 列または 1 行 n 列の string スカラーまたは文字ベクトルの cell 配列を指定します。ファイルが現在のフォルダーまたは MATLAB® パス上のフォルダーにない場合は、絶対パス名を指定します。詳細は、imread コマンドを参照してください。

データ型: char | string | cell

一連のイメージ。m 行 n 列または m x n x 3 の数値行列から成る n 行 1 列または 1 行 n 列の cell 配列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16 | logical | cell

マルチフレーム イメージ配列。次のいずれかに指定します。

  • k 個のバイナリ イメージまたはグレースケール イメージのシーケンスを表す m x n x k の数値配列

  • k 個のバイナリ イメージまたはグレースケール イメージのシーケンスを表す m x n x 1 x k の数値配列

  • k 個のトゥルーカラー イメージのシーケンスを表す m x n x 3 x k の数値配列

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16 | logical

インデックス付きイメージ。2 次元数値行列として指定します。

データ型: single | double | uint8 | uint16 | logical

カラーマップ。c 行 3 列の数値行列として指定します。c はカラーマップ内の色の数です。

データ型: double

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: montage(D,map,'Indices',1:9)

背景色。MATLAB ColorSpec として指定します。関数 montage は、BorderSize で指定された空間も含め、すべての空白をこの色で塗りつぶします。背景色を指定する場合、関数 montage は出力を RGB イメージとしてレンダリングします。

各サムネイル イメージの周りのパディング。非負の整数または非負の整数から成る 1 行 2 列のベクトルとして指定します。montage はイメージの境界を背景色 BackgroundColor でパディングします。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

配列 I のグレースケール イメージの表示範囲。[LOW HIGH] 形式の 1 行 2 列ベクトルとして指定します。LOW 以下のすべてのピクセル値は、黒で表示されます。HIGH 以上のすべてのピクセル値は、白で表示されます。空の行列 ([]) を指定すると、montage は、イメージの最小ピクセル値と最大ピクセル値を使用します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

モンタージュに表示するフレーム。正の整数の配列として指定します。関数 montage は値を配列 I、または cell 配列 filenamesimagelist へのインデックスとして解釈します。

既定では、montage はすべてのフレームまたはイメージ ファイルを表示します。

例: montage(I,'Indices',1:4) は、I 内の最初の 4 フレームのモンタージュを作成します。

例: montage(I,'Indices',1:2:20) はフレームを 1 つおきに表示します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

montage によって作成されるイメージ オブジェクトの親。axes オブジェクトとして指定します。関数 montage はイメージのサイズを変更して、親の座標軸で利用できる範囲に当てはめます。

イメージの行数と列数。[NROWS NCOLS] 形式の 2 要素ベクトルとして指定します。

特定の次元に NaN または Inf を指定した場合、montage はすべてのイメージがモンタージュに表示されるように、次元の値を計算します。たとえば、'Size'[2 NaN] の場合、モンタージュの行数は 2 行になり、列数はすべてのイメージが表示される最小の列数になります。指定されたイメージ (フレーム) の数と 'Size' の間に不一致がある場合、montage は、'Size' に基づいてタイル配置されたイメージを作成します。

データ型: single | double

各サムネイルのサイズ (ピクセル単位)。正の整数の 2 要素ベクトルとして指定します。各イメージの縦横比は維持され、空白は背景色 BackgroundColor で塗りつぶされます。

空の配列 ([]) を指定した場合、montage は 1 番目のイメージのフル サイズをサムネイル サイズとして使用します。いずれかの要素を NaN または Inf として指定すると、montage は対応する値を自動的に計算して、1 番目のイメージの縦横比を維持します。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

モンタージュ イメージ。単一 matlab.graphics.primitive.Image オブジェクトのハンドルとして返されます。

ヒント

  • インデックス付きイメージを指定した場合、montage は、ファイルにあるカラーマップを使用して RGB に変換します。

  • イメージの間でデータ型の不一致がある場合、関数 im2double を使用して、すべてのイメージが double に再スケーリングされます。

  • montage は、横方向および縦方向に表示するイメージの数を計算するときに、表示されるモンタージュがほぼ正方形になるようにイメージの縦横比を考慮に入れます。

R2006a より前に導入