最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ シーケンスとバッチ処理

イメージ シーケンスの使用とイメージのバッチ処理の実行

イメージ シーケンスは、ムービーのフレームなど、時間によって関連付けられたイメージや、MRI (Magnetic Resonance Imaging) スライスなど、空間位置によって関連付けられたイメージの集まりです。イメージ シーケンスはイメージ スタックまたはビデオとも呼ばれます。

イメージ シーケンスを多次元配列として格納し、多次元配列に使用できるツールボックス関数を使用してシーケンスを表示および処理できます。イメージ シーケンスを個々のイメージ ファイルのコレクションとして格納し、イメージのバッチ処理アプリを使用してそれらのファイルを処理することもできます。

アプリ

イメージのバッチ処理複数イメージへの関数の適用
ビデオ ビューアービデオおよびイメージ シーケンスの表示

関数

implayムービー、ビデオ、イメージ シーケンスを再生
montage複数のイメージ フレームを四角形モンタージュとして表示

トピック

多次元配列としてのイメージ シーケンスの使用

表示と処理を容易にするために、イメージ シーケンス内の個々のイメージを連結して単一の多次元配列にします。

ビデオ ビューアー アプリでのイメージ シーケンスの表示

ビデオ ビューアー アプリによるイメージ シーケンスをアニメーション化できます。再生、パン、およびズーム コントロールを使用してイメージ シーケンスを調べます。

イメージのバッチ処理アプリを使用したバッチ処理

この例では、イメージのバッチ処理アプリを使用して同じフォルダーにあるイメージのグループに対して演算を行う方法を説明します。

MapReduce フレームワークと Hadoop を使用した大規模なイメージ セットの処理

MATLAB® MapReduce フレームワークでは、メモリに収まらないデータセットを解析できます。MapReduce プログラムは Hadoop® クラスターで並列で実行できます。

注目の例