ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージのバッチ処理

複数イメージへの関数の適用

説明

Image Batch Processor アプリでは、指定した関数を使用してイメージのフォルダーを処理できます。関数には out = fcn(in) のシグネチャを含めなければなりません。処理されたイメージを格納する出力フォルダーが、入力フォルダーと同じ名前、同じサブフォルダー構造を使用して作成されます。

イメージのバッチ処理 アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [画像処理とコンピューター ビジョン] の下にある [イメージのバッチ処理] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: imageBatchProcessor と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

imageBatchProcessor はイメージのバッチ処理アプリを開きます。このアプリでは、イメージのフォルダーを処理できます。

imageBatchProcessor close は、イメージのバッチ処理アプリの開いているすべてのインスタンスを閉じます。

参考

関数

R2015a で導入