ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imfinfo

グラフィックス ファイルの情報

説明

info = imfinfo(filename) は、グラフィックス ファイル filename 内のイメージに関する情報を含むフィールドをもつ構造体を返します。

ファイルの形式は、ファイルの内容から推測されます。

  • filename が 1 つまたは複数のイメージを含む TIFF、HDF、ICO、GIF または CUR ファイルの場合、info はファイル内のイメージごとに 1 つの要素を含む構造体配列です。たとえば、info(3) は、ファイルの 3 番目のイメージの情報を含みます。

info = imfinfo(filename,fmt) は、MATLAB®filename という名前のファイルを見つけられない場合、filename.fmt という拡張子を付けた名前のファイルをさらに検索します。

すべて折りたたむ

サンプル イメージ ngc6543a.jpg に関する情報を検索します。

info = imfinfo('ngc6543a.jpg');

info 構造体には、次の情報フィールドが含まれます。FilenameFileModDateFileSizeFormatFormatVersionWidthHeightBitDepthColorTypeFormatSignatureNumberOfSamplesCodingMethodCodingProcess および Comment

構造体から情報 (たとえば、CodingMethod) を表示するには、コマンド ウィンドウに info.CodingMethod と入力します。

info.CodingMethod
ans = 
'Huffman'

構造体のすべてのプロパティを表示するには、コマンド ウィンドウに info と入力します。

入力引数

すべて折りたたむ

グラフィックス ファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

ファイルの場所に応じて、filename は次のいずれかの形式にできます。

場所

形式

現在のフォルダー、または MATLAB パス上のフォルダー

ファイル名を filename で指定します。

例: 'myImage.jpg'

フォルダー内のファイル

ファイルが現在のフォルダーまたは MATLAB パス上のフォルダーにない場合は、絶対パス名または相対パス名を指定します。

例: 'C:\myFolder\myImage.ext'

例: '\imgDir\myImage.ext'

URL

ファイルがインターネット URL にある場合、filename には http:// などのプロトコル タイプが含まれていなければなりません。

例: 'http://hostname/path_to_file/my_image.jpg'

リモートの場所

リモートの場所に保存されたファイルの場合、filename は次の形式の国際化リソース識別子 (IRI) として指定されたファイルの絶対パスを含まなければなりません。

scheme_name://path_to_file/my_file.ext

リモートの場所に基づいて、scheme_name には次の表の値のいずれかを指定できます。

リモートの場所scheme_name
Amazon S3™s3
Windows Azure® Blob Storagewasbwasbs
HDFS™hdfs

詳細については、リモート データの操作を参照してください。

例: 's3://bucketname/path_to_file/my_image.jpg'

データ型: char | string

イメージ形式。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。fmt の可能な値は、MATLAB ファイル形式レジストリに含まれています。これらの形式を表示するには、imformats コマンドを実行します。

例: 'gif'

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

グラフィックス ファイルの情報。構造体配列として返されます。info のフィールドの設定は、個々のファイルとその形式に依存します。次の表では、常に表示される 9 つのフィールドと、それらのフィールドの値を説明します。

フィールド名

説明

Filename

指定されたファイル名またはインターネット URL。ファイルが現在のフォルダーにない場合、文字ベクトルにはファイルの絶対パス名が含まれます。

文字ベクトル

FileModDate

ファイルが最後に変更された日付。

文字ベクトル

FileSize

ファイルのサイズ (バイト単位)。

整数

Format

fmt によって指定されたファイル形式。考えられる拡張子が複数ある形式の場合 (JPEG ファイルや TIFF ファイルなど)、imfinfo はファイル形式レジストリに最初に出現する変形バージョンの形式を返します。

文字ベクトル

FormatVersion

ファイル形式のバージョン。

文字ベクトルまたは数値

Width

イメージの幅 (ピクセル単位)。

整数

Height

イメージの高さ (ピクセル単位)。

整数

BitDepth

ピクセルあたりのビット数。

整数

ColorType

イメージの種類。ColorType は、トゥルーカラー (RGB) イメージの場合は 'truecolor'、グレースケール強度イメージの場合は 'grayscale'、インデックス付きイメージの場合は 'indexed' などを含みます。

文字ベクトル

一部のファイル形式では次のフィールドも返されます。

  • JPEG と TIFF のみfilename に Exchangeable Image File Format (EXIF) タグが含まれている場合、info'DigitalCamera' フィールドや 'GPSInfo' (global positioning system information) フィールドも含まれている可能性があります。

  • GIF のみimfinfo'DelayTime' フィールドの値を 1/100 秒の単位で返します。

  • JPEG2000 のみinfo 構造体は、m 行 3 列の cell 配列 'ChannelDefinition' を含みます。'ChannelDefinition' の最初の列は、ファイル内に存在するチャネル位置を示します。2 番目の列はチャネルの種類、3 番目の列はチャネル マッピングをそれぞれ示します。

R2006a より前に導入