最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dicominfo

DICOM メッセージからのメタデータの読み取り

説明

info = dicominfo(filename) は Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM: 医用画像と通信の規格) 準拠ファイル filename からメタデータを読み取ります。

info = dicominfo(filename,'dictionary',D) は、データ ディクショナリ ファイル D を使用して DICOM メッセージを読み取ります。

info = dicominfo(___,Name,Value) は、Name,Value ペアを使用してパーサーに対する追加オプションを提供します。複数の名前と値のペアを指定できます。

すべて折りたたむ

DICOM メッセージからメタデータを読み取ります。

info = dicominfo('CT-MONO2-16-ankle.dcm')
info = 

  struct with fields:

                          Filename: 'C:\Temp\matlab\toolbox\images\imdata\CT-MONO2-16-ankle.dcm'
                       FileModDate: '18-Dec-2000 12:06:43'
                          FileSize: 525436
                            Format: 'DICOM'
                     FormatVersion: 3
                             Width: 512
                            Height: 512
                          BitDepth: 16
                         ColorType: 'grayscale'
    FileMetaInformationGroupLength: 192
        FileMetaInformationVersion: [2×1 uint8]
           MediaStorageSOPClassUID: '1.2.840.10008.5.1.4.1.1.7'
        MediaStorageSOPInstanceUID: '1.2.840.113619.2.1.2411.1031152382.365.1.736169244'
                 TransferSyntaxUID: '1.2.840.10008.1.2'
            ImplementationClassUID: '1.2.840.113619.6.5'
         ImplementationVersionName: '1_2_5'
      SourceApplicationEntityTitle: 'CTN_STORAGE'
            IdentifyingGroupLength: 414
                         ImageType: 'DERIVED\SECONDARY\3D'
                       SOPClassUID: '1.2.840.10008.5.1.4.1.1.7'
                    SOPInstanceUID: '1.2.840.113619.2.1.2411.1031152382.365.1.736169244'
                         StudyDate: '1993.04.30'
                        SeriesDate: '1993.04.30'
                       ContentDate: '1993.04.30'
                         StudyTime: '11:27:24'
                        SeriesTime: '11:27:24'
                       ContentTime: '11:27:24'
                          Modality: 'CT'
                    ConversionType: 'WSD'
                      Manufacturer: 'GE MEDICAL SYSTEMS'
                   InstitutionName: 'JFK IMAGING CENTER'
            ReferringPhysicianName: [1×1 struct]
                       StationName: 'CT01OC0'
                  StudyDescription: 'RT ANKLE'
             PhysicianReadingStudy: [1×1 struct]
                      OperatorName: [1×1 struct]
             ManufacturerModelName: 'GENESIS_ZEUS'
                PatientGroupLength: 18
                       PatientName: [1×1 struct]
            AcquisitionGroupLength: 10
                   SoftwareVersion: '03'
           RelationshipGroupLength: 134
                  StudyInstanceUID: '1.2.840.113619.2.1.1.322987881.621.736170080.681'
                 SeriesInstanceUID: '1.2.840.113619.2.1.2411.1031152382.365.736169244'
                      SeriesNumber: 365
                    InstanceNumber: 1
      ImagePresentationGroupLength: 168
                   SamplesPerPixel: 1
         PhotometricInterpretation: 'MONOCHROME2'
                              Rows: 512
                           Columns: 512
                     BitsAllocated: 16
                        BitsStored: 16
                           HighBit: 15
               PixelRepresentation: 1
           SmallestImagePixelValue: 0
                 PixelPaddingValue: 0
                      WindowCenter: 1024
                       WindowWidth: 4095
                  RescaleIntercept: -1024
                      RescaleSlope: 1
                       RescaleType: 'US'
              PixelDataGroupLength: 524296

入力引数

すべて折りたたむ

DICOM ファイルの名前。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

データ型: char | string

データ ディクショナリ ファイル。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。D 内のファイルは MATLAB® の検索パス上になければなりません。既定のファイルは dicom-dict.mat です。

データ型: char | string

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: dicominfo('CT-MONO2-16-ankle.dcm','UseVRHeuristic',false)

値表現 (VR) モードの切り替えが不適切な DICOM 非準拠ファイルの読み取り。'UseVRHeuristic' および true または false から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

true (既定値) に設定すると、dicomread は、VR モードの切り替えが不適切な特定の DICOM 非準拠ファイルを読み取ることができるように経験則を使用します。経験則が使用されると、dicomread は警告を表示します。まれに準拠ファイルが正しく読み取られないことがあります。このような準拠ファイルを読み取るには、UseVRHeuristicfalse に設定します。

データ型: logical

ファイル内にある情報の内容に関係なく、info のデータ型をデータ ディクショナリに適合させます。既定値は false です。つまり、データ ディクショナリと異なる場合でも、ファイルの VR コードが使用されます。ほとんどの場合、ファイルの内容とデータ ディクショナリは一致するため、このフィールドの設定は必要ありません。UseDictionaryVRfalse (既定の設定) の場合、dicominfo は、不一致が生じるときに警告を表示します。その警告が表示されているときに infodicomwrite に与えることでエラーが発生する場合は、UseDictionaryVRtrue に指定します。

データ型: logical

出力引数

すべて折りたたむ

DICOM メタデータ。構造体として返されます。

R2006a より前に導入