最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dicomdict

アクティブな DICOM データ ディクショナリの取得または設定

説明

dictionaryOut = dicomdict('get') は、アクティブな Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM: 医用画像と通信の規格) データ ディクショナリ ファイルの名前を返します。

dicomdict('set',dictionaryIn) は、入力 dictionaryIn によってアクティブな DICOM データ ディクショナリとして指定されたファイルを設定します。指定されたパスにファイルが見つからない場合、関数はエラーを返します。

dicomdict('factory') は、アクティブな DICOM データ ディクショナリをその既定値に戻します。既定値は MATLAB® パス内のファイルです。

fullfile(matlabroot,'toolbox','images','iptformats','dicom-dict.txt')

すべて折りたたむ

既定のアクティブな DICOM データ ディクショナリを見つけます。

dictionaryOut = dicomdict('get')
dictionaryOut = 
'/mathworks/devel/bat/Bdoc20a/build/matlab/toolbox/images/iptformats/dicom-dict.txt'

アクティブな DICOM データ ディクショナリとして設定する新しいファイルへのパスを指定します。

dictionaryIn = 'dicomdictnew.txt';
dicomdict('set',dictionaryIn)

アクティブな DICOM データ ディクショナリが 'dicomdictnew' に更新されたかどうかを確認します。

dictionaryOut1 = dicomdict('get')
dictionaryOut1 = 
'/tmp/Bdoc20a_1326390_141019/tpa39aa34a/images-ex49312738/dicomdictnew.txt'

アクティブな DICOM データ ディクショナリを既定値にリセットし、同様の検証を行います。

dicomdict('factory')
dictionaryOut2 = dicomdict('get')
dictionaryOut2 = 
'/mathworks/devel/bat/Bdoc20a/build/matlab/toolbox/images/iptformats/dicom-dict.txt'

入力引数

すべて折りたたむ

アクティブとして設定する .txt タイプの DICOM データ ディクショナリ ファイル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

.txt タイプのアクティブな DICOM データ ディクショナリ ファイル。文字ベクトルまたは string スカラーとして返されます。既定値は次のとおりです。

fullfile(matlabroot,'toolbox','images','iptformats','dicom-dict.txt')

R2006a より前に導入