ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

インポート、エクスポートおよび変換

イメージ データのインポートとエクスポート、イメージのタイプとクラスの変換

MATLAB® の基本的なデータ構造である配列は、もともとイメージの表現に適しています。ツールボックス関数を使用すると、サポートされているグラフィックス ファイル形式または科学的ファイル形式からイメージ データをワークスペースにインポートできます。反対に、ワークスペースからサポートされているグラフィックス ファイル形式または科学的ファイル形式のファイルにデータをエクスポートできます。さらに、イメージをある形式から別の形式に、またはあるデータ型から別のデータ型に変換することもできます。