ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

色空間変換、国際色協会 (ICC) プロファイルのサポート

ツールボックスは色を RGB 値として表現しますが、色を数値的に表現するモデルには、RGB 以外のものもあります。種々の色空間は、ある計算をより簡単に行うように色情報を表現したり、またはより直観的な色の識別方法を提供するために存在しています。ツールボックスはカラー データをある色空間から別の色空間に変換する関数を提供します。また、色を記述するための国際色協会 (ICC) プロファイルがツールボックスでサポートされています。

関数

すべて展開する

rgb2labRGB を CIE 1976 L*a*b* に変換
rgb2ntscRGB の色の値を NTSC 色空間に変換
rgb2xyzRGB を CIE 1931 XYZ に変換
rgb2ycbcrRGB の色の値を YCbCr 色空間に変換
lab2rgbCIE 1976 L*a*b* を RGB に変換
lab2xyzCIE 1976 L*a*b* を CIE 1931 XYZ に変換
xyz2labCIE 1931 XYZ を CIE 1976 L*a*b* に変換
xyz2rgbCIE 1931 XYZ を RGB に変換
ycbcr2rgbYCbCr の色の値を RGB 色空間に変換
ntsc2rgbNTSC 値を RGB 色空間に変換
colorcloud指定された色空間で 3 次元の色域を点群で表示
lab2doubleL*a*b* の色の値を double に変換
lab2uint16L*a*b の色の値を uint16 に変換
lab2uint8L*a*b の色の値を uint8 に変換
xyz2doubleXYZ の色の値を double に変換
xyz2uint16XYZ の色の値を uint16 に変換
iccfindICC プロファイルの検索
iccreadICC プロファイルの読み取り
iccroot既定の ICC プロファイル リポジトリの検索
iccwriteICC カラー プロファイル データの書き込み
isiccICC プロファイル データの有効性のチェック
makecform色変換構造体を作成
applycformデバイス非依存の色空間変換を適用
imapprox色の数を減らしてインデックス付きイメージを近似
chromadapt色順応によって RGB イメージのカラー バランスを調整します
colorangle2 つの RGB ベクトル間の角度
illumgrayグレー ワールド アルゴリズムを使用した光源の推定
illumpca主成分分析 (PCA) を使用した光源の推定
illumwhiteホワイト パッチ レチネックス アルゴリズムを使用した光源の推定
lin2rgb線形 RGB 値へのガンマ補正の適用
rgb2linガンマ補正された RGB 値の線形化
whitepoint標準光源の XYZ の色の値

トピック

異なる色空間間での変換について

色空間は色を多次元座標系にマッピングします。それぞれの色空間には、色の識別や計算の実行において異なる利点があります。

デバイス非依存の色空間

デバイス非依存の色空間は、3 つの値で色を表す標準化された色空間を定義します。カラー ディスプレイの用途は幅広く、さまざまな基準が存在します。

プロファイルベースの色空間変換

デバイス プロファイルには入力、出力、およびディスプレイ デバイスがどのように色を再現するかの情報が含まれます。色空間を変換して、表示される色がすべてのデバイスで等しく見えるようにします。

色の表示

スクリーンのビット深度は、いくつの色を再現できるかを決定するものです。使用しているシステムのスクリーンのビット深度を確認したり変更することができます。

イメージ内の色数の削減

色の近似またはディザリングを使用してイメージの色数を削減する方法を学びます。

注目の例