Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

applycform

デバイス非依存の色空間変換を適用

説明

B = applycform(A,C)A にある色の値を色変換構造体 C で指定された色空間に変換します。

すべて折りたたむ

sRGB 色空間を使用するカラー イメージをワークスペースに読み取ります。

rgb = imread('peppers.png');

RGB から L*a*b* への変換を定義する色変換構造体を作成します。

C = makecform('srgb2lab');

applycform で変換を実行します。

lab = applycform(rgb,C);

入力引数

すべて折りたたむ

入力色空間。次のいずれかの値を指定します。

  • 2 次元数値行列。applycform は各行を、色変換構造体 C にグレースケールの ICC プロファイルが含まれていない限り、色として解釈します。その場合、applycformA にある各ピクセルを色として解釈します。

  • 3 次元数値行列。各行と列の場所は色と解釈されます。size(A,3) は通常 1 以上で、入力色空間で決まります。

  • string または文字ベクトル。A は単なる string または文字ベクトルです。ただし C が次の構文で作成されたときだけです。

    C = makecform('named', profile, space)

データ型: double | uint8 | uint16 | char | string

色変換。構造体として指定します。色変換構造体は、さまざまな変換パラメーターを指定します。makecform を使用して色変換構造体を作成できます。

出力引数

すべて折りたたむ

出力色空間。数値配列として返されます。B のサイズは入力色空間 A の次元とサイズによって異なります。

  • A が 2 次元の場合、B は出力色空間に応じて同じ行数と 1 つ以上の列を持つことができます(ICC 仕様では、現在最大 15 チャネルのデバイス空間がサポートされています)。

  • A が 3 次元の場合、B は、A と同じ行数と列数で、出力色空間に応じて、size(B,3) は 1 以上になります。

R2006a より前に導入