Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ycbcr2rgb

YCbCr の色の値を RGB 色空間に変換

説明

RGB = ycbcr2rgb(YCBCR) は、YCbCr イメージの輝度 (Y) と色差 (Cb および Cr) の値を RGB イメージの赤、緑、青の値に変換します。

すべて折りたたむ

この例では、イメージを RGB 色空間から YCbCr 色空間に変換してから、逆変換する方法を説明します。

RGB イメージをワークスペースに読み取ります。

RGB = imread('board.tif');

イメージを YCbCr 色空間に変換します。

YCBCR = rgb2ycbcr(RGB);

YCbCr イメージを元の RGB 色空間に変換します。

RGB2 = ycbcr2rgb(YCBCR);

YCbCr 色空間のイメージの輝度チャネルを、YCbCr から RGB 色空間に変換したイメージと並べて表示します。

figure
subplot(1,2,1)
imshow(YCBCR(:,:,1))
title('Original Luminance (Y)');
subplot(1,2,2)
imshow(RGB2);
title('Image Converted to RGB');

入力引数

すべて折りたたむ

変換する YCbCr の色の値。次のいずれかの形式の数値配列として指定します。

  • c 行 3 列のカラーマップ。各行が 1 つの YCbCr の色の値を指定します。

  • m x n x 3 のイメージ。

データ型: single | double | uint8 | uint16

出力引数

すべて折りたたむ

変換後の RGB の色の値。入力と同じサイズの数値配列として返されます。出力のデータ型は、入力のデータ型と同じです。

参照

[1] Poynton, C. A. A Technical Introduction to Digital Video, John Wiley & Sons, Inc., 1996, p. 175.

[2] Rec. ITU-R BT.601-5, Studio Encoding Parameters of Digital Television for Standard 4:3 and Wide-screen 16:9 Aspect Ratios, (1982-1986-1990-1992-1994-1995), Section 3.5.

拡張機能

GPU コード生成
GPU Coder™ を使用して NVIDIA® GPU のための CUDA® コードを生成します。

R2006a より前に導入