ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rgb2ycbcr

RGB の色の値を YCbCr 色空間に変換

説明

ycbcrmap = rgb2ycbcr(rgbmap) は、rgbmap にある RGB 色空間の値を YCbCr 色空間に変換します。ycbcrmap は、YCbCr 輝度 (Y) および色差 (CbCr) の色値を列として含む m 行 3 列の行列です。ycbcrmap の各行は、rgbmap の対応する行に等しい色を表します。

オプションで、変換を GPU を使用して実行できます (Parallel Computing Toolbox™ が必要)。詳細は、GPU での画像処理を参照

YCBCR = rgb2ycbcr(RGB) は、トゥルーカラー イメージ RGB を YCbCr 色空間の等価なイメージに変換します。

すべて折りたたむ

イメージの RGB から YCbCr への変換

RGB イメージをワークスペースに読み取ります。

RGB = imread('board.tif');

イメージを YCbCr に変換します。

YCBCR = rgb2ycbcr(RGB);

元のイメージと新しいイメージを表示します。

figure
imshow(RGB);
title('Image in RGB Color Space');

figure
imshow(YCBCR);
title('Image in YCbCr Color Space');

カラーマップの RGB から YCbCr への変換

インデックス付きイメージをワークスペースに読み込みます。カラーマップは、RGB 色空間のものです。

[I,map] = imread('forest.tif');

カラーマップを YCbCr に変換します。

newmap = rgb2ycbcr(map);

グレースケール イメージを元のマップと新しいマップを使用して表示します。

figure
imshow(I,map)
title('Indexed Image with RGB Colormap');

figure
imshow(I,newmap)
title('Indexed Image with YCbCr Colormap');

入力引数

すべて折りたたむ

RGB 色空間の値。c 個の色を表す c 行 3 列の行列として指定します。

GPU を使用して変換を実行するには、rgbmapc 行 3 列の行列を含む gpuArray として指定します。

データ型: single | double

RGB イメージ。m x n x 3 の配列として指定します。

GPU を使用して変換を実行するには、RGBm x n x 3 の配列を含む gpuArray として指定します。

データ型: single | double | uint8 | uint16

出力引数

すべて折りたたむ

YCbCr 色空間の値。c 行 3 列の行列として返されます。1 列目は Y に対応します。2 列目と 3 列目は CbCr に対応します。Y の範囲は [16/255, 235/255]、CbCr の範囲は [16/255, 240/255] です。

GPU を使用して変換を実行する場合、ycbcrmapc 行 3 列の行列を含む gpuArray として返されます。

YCbCr 色空間のイメージ。m x n x 3 の配列として返されます。

  • 入力が double または single の場合、Y の範囲は [16/255, 235/255]、CbCr の範囲は [16/255, 240/255] です。

  • 入力が uint8 の場合、Y の範囲は [16, 235]、CbCr の範囲は [16, 240] です。

  • 入力が uint16 の場合、Y の範囲は [4112, 60395]、CbCr の範囲は [4112, 61680] です。

GPU を使用して変換を実行する場合、YCBCRm x n x 3 の配列を含む gpuArray として返されます。

参照

[1] Poynton, C. A.A Technical Introduction to Digital Video, John Wiley & Sons, Inc., 1996, p. 175.

[2] Rec. ITU-R BT.601-5, Studio Encoding Parameters of Digital Television for Standard 4:3 and Wide-screen 16:9 Aspect Ratios, (1982-1986-1990-1992-1994-1995), Section 3.5.

拡張機能

R2006a より前に導入