ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ハイ ダイナミック レンジ イメージ

ハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージの読み取り、HDR イメージの作成、ファイルへの HDR データの書き込み

ハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージは現実世界のシーンの全輝度レベル範囲 ("シーン参照" と呼ばれる) のキャプチャを試みます。HDR イメージには、人の視覚の範囲に近く、通常のコンピューター モニターの表示範囲を超えている、高度な詳細が含まれます。ツールボックスには、HDR イメージの読み取り、作成、書き込み、およびトーン マッピングを使用した表示のダイナミック レンジの減少を可能にする関数が含まれています。

関数

hdrreadハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージの読み取り
hdrwriteハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージ ファイルの書き込み
makehdrハイ ダイナミック レンジ イメージを作成
tonemap表示のためのハイ ダイナミック レンジ イメージのレンダリング
tonemapfarbmanエッジ保存マルチスケール分解を使用した LDR への HDR イメージの変換
localtonemap局所的なコントラストを強調しながら HDR イメージを表示用にレンダリング
blendexposure異なる露光のイメージから適切な露光のイメージの作成
camresponseカメラ応答関数の推定

トピック

ハイ ダイナミック レンジ イメージの使用

ダイナミック レンジとは、イメージの輝度レベルの範囲を指します。ハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージは現実世界のシーンの全階調範囲のキャプチャを試みます。

ハイ ダイナミック レンジ イメージの表示

この例では、HDR データをコンピューターに正しく表示できるダイナミック レンジに変換する方法を説明します。