Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

hdrwrite

ハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージ ファイルの書き込み

説明

hdrwrite(hdr,filename) はハイ ダイナミック レンジ (HDR) イメージ hdrfilename という名前のファイルに書き込みます。この関数は連長圧縮を使用してファイル サイズを最小化します。

すべて折りたたむ

ハイ ダイナミック レンジ イメージをワークスペースに読み取ります。

hdr = hdrread('office.hdr');

HDR ファイルを新規作成し、ハイ ダイナミック レンジ データ hdr を新しいファイル名のファイルに書き込みます。

hdrwrite(hdr,'newHDRfile.hdr');

入力引数

すべて折りたたむ

HDR イメージ。正の数値から成る m x n x 3 の数値配列として指定します。

データ型: single | double

HDR イメージのファイル名。拡張子 'hdr' で終わる string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

例: 'office.hdr' または "office.hdr"

データ型: char | string

R2008a で導入