Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

大規模なイメージ ファイル

非常に大規模なイメージの読み取りとナビゲーション

非常に大規模なイメージはメモリに収まらない場合があり、イメージの表示や処理が困難になります。bigimage オブジェクトは、別々に読み込んで処理できるデータの小さいブロックとしてイメージを表し、この問題を解決します。bigimage は、1 つまたは複数の解像度レベルを持つ大規模なイメージをサポートできます。

関数

bigimage非常に大規模なイメージがコアに収まらない場合の処理
bigimageDatastore大きなイメージ データのブロックを管理するデータストア
blockLocationSet大きなイメージ内のブロック位置のリスト
selectBlockLocations大きなイメージからブロックを選択
apply大きなイメージのブロックの処理
getBlock大きなイメージのブロックの読み取り
getFullLevel1 つのレベルの大きなイメージに含まれるすべてのデータの取得
getRegion大きなイメージの任意の領域の読み取り
setBlock大きなイメージの特定のブロックへのデータの配置
countEachLabelbigimageDatastore の各クラスのピクセル ラベル数をカウント
bigimageshowbigimage オブジェクトの表示
showmaskbigimageshow へのマスク オーバーレイの表示

注目の例