ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

大規模なイメージ ファイル

非常に大規模なイメージの読み取りとナビゲーション

非常に大きいイメージはイメージ ビューアーに読み込まれない場合があります。また、イメージが読み込まれたとしても、ズームやパンに時間がかかる可能性があります。どちらの場合も、解像度を下げたデータセット (R-Set) を作成すると、パフォーマンスが向上します。イメージ ビューアーを使用して、標準のイメージのナビゲートと同様に R-Set イメージをナビゲートします。

関数

isrsetファイルが R-Set かどうかをチェック
openrsetR-Set ファイルを開く
rsetwriteイメージ ファイルからの低い解像度データセットの作成
imtoolイメージ ビューアー アプリを開く
blockprocイメージの個別ブロック処理

クラス

ImageAdapterイメージ I/O のインターフェイス

トピック

解像度を下げたファイルの作成とオープン

解像度を下げた (R-Set) ファイルは、イメージを空間的なタイルに分割してリサンプリングした、より小さいバージョンのイメージ ファイルを作成します。

ブロックのサイズとパフォーマンス

大きなブロック サイズでは全体の計算時間は減少しますが、各ブロックを処理するためにより多くのメモリが必要になります。

大きいイメージ ファイルに対するパラレル ブロック処理

Parallel Computing Toolbox™ ライセンスをお持ちの場合は、マシンの複数のプロセッサ コアを利用して blockproc のパフォーマンスを改善できます。

サポートされない形式のイメージ ファイルに対するブロック処理の実行

ブロック処理関数でサポートされないファイル形式でイメージ データを操作するには、領域に基づいてファイルを管理するクラスを作成します。