最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

大規模なイメージ ファイル

非常に大規模なイメージの読み取りとナビゲーション

非常に大規模なイメージはメモリに収まらない場合があり、イメージの表示や処理が困難になります。bigimage オブジェクトは、別々に読み込んで処理できるデータの小さいブロックとしてイメージを表し、この問題を解決します。bigimage は、1 つまたは複数の解像度レベルを持つ大規模なイメージをサポートできます。

イメージ ビューアー アプリを使用して大規模なイメージを操作する場合は、ズーム操作やパン操作に時間がかかったり、イメージが読み込まれなかったりする可能性があります。これが発生する場合は、解像度を下げたデータセット (R-Set) を作成すると、パフォーマンスが向上します。イメージ ビューアーを使用して、標準のイメージのナビゲートと同様に R-Set イメージをナビゲートできます。

関数

すべて展開する

bigimage非常に大規模なイメージがコアに収まらない場合の処理
bigimageDatastore大きなイメージ データのブロックを管理するデータストア
apply大きなイメージのブロックの処理
getBlock大きなイメージのブロックの読み取り
getFullLevel1 つのレベルの大きなイメージに含まれるすべてのデータの取得
getRegion大きなイメージの任意の領域の読み取り
setBlock大きなイメージの特定のブロックへのデータの配置
bigimageshowbigimage オブジェクトの表示
showmaskbigimageshow へのマスク オーバーレイの表示
isrsetファイルが有効な R-Set ファイルかどうかをチェック
openrsetR-Set ファイルを開き、R-Set を表示
rsetwriteイメージ ファイルからの R-Set ファイルの作成
imtoolイメージ ビューアー アプリを開く

注目の例