Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ブロック化されたイメージ

非常に大規模なイメージの読み取りとナビゲーション

非常に大規模なイメージはメモリに収まらない場合があり、表示や処理が困難になります。blockedImage オブジェクトは、別々に読み込んで処理できるデータの小さいブロックのコレクションとしてイメージを表し、この問題を解決します。blockedImage オブジェクトは、大規模なイメージや、1 つ以上の解像度レベルをもつイメージをサポートできます。

関数

blockedImageImage made from discrete blocks
blockedImageDatastoreDatastore for use with blocks from blockedImage objects
blockLocationSet大きなイメージ内のブロック位置のリスト
selectBlockLocationsブロック化されたイメージからのブロックの選択
bigimageshow2 次元 blockedImage オブジェクトの表示
showmask指定した包含しきい値でのマスク オーバーレイの表示
showlabelsDisplay label overlay on bigimageshow object
applyProcess blocks of blocked image
polyToBlockedImageCreate labeled blockedImage object from set of ROIs

トピック

  • ブロック化されたイメージの空間参照の設定

    この例では、blockedImage オブジェクトの空間参照情報を設定および確認する方法を説明します。

  • Read Whole-Slide Images with Custom Blocked Image Adapter

    This example shows how to add support for reading whole-slide images by creating a custom blocked image adapter. The example creates a MATLAB® interface to the OpenSlide C library, a C library that provides a simple interface to read whole-slide images (also known as virtual slides). The OpenSlide library is a product of the research group of M. Satyanarayanan at Carnegie Mellon University, School of Computer Science.

  • Label Large Images in the Image Labeler (Computer Vision Toolbox)

    This section describes the differences with using the Image Labeler app with blocked images.