Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iccread

ICC プロファイルの読み取り

説明

profile = iccread(filename) は、入力 filename で指定したファイルから国際色協会 (ICC) のカラー プロファイル データを読み取ります。

メモ

iccread は、ICC 仕様の Version 2 (ICC.1:2001-04) または Version 4 (ICC.1:2001-12) に準拠するプロファイルを読み取ることができます。ICC プロファイルの詳細は、ICC Web サイト http://www.color.org をご覧ください。

すべて折りたたむ

通常の PC コンピューター モニターを記述する国際色協会 (ICC) プロファイルを読み取ります。

profile = iccread('sRGB.icm')
profile = struct with fields:
               Header: [1x1 struct]
             TagTable: {17x3 cell}
            Copyright: 'Copyright (c) 1999 Hewlett-Packard Company'
          Description: [1x1 struct]
      MediaWhitePoint: [0.9505 1 1.0891]
      MediaBlackPoint: [0 0 0]
        DeviceMfgDesc: [1x1 struct]
      DeviceModelDesc: [1x1 struct]
      ViewingCondDesc: [1x1 struct]
    ViewingConditions: [1x1 struct]
            Luminance: [76.0365 80 87.1246]
          Measurement: [1x1 struct]
           Technology: 'Cathode Ray Tube Display'
               MatTRC: [1x1 struct]
          PrivateTags: {}
             Filename: 'sRGB.icm'

ソースの色空間を決定します。プロファイル ヘッダーには、クラス、色空間や PCS などプロファイルに関する一般的な情報が示されます。

profile.Header.ColorSpace
ans = 
'RGB'

入力引数

すべて折りたたむ

ICC プロファイルを含むファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ファイルは、ICC プロファイル ファイルまたは ICC プロファイルが組み込まれた TIFF ファイルのいずれかです。TIFF ファイルに ICC プロファイルが組み込まれているかどうかを判断するには、関数 imfinfo を使用してファイルに関する情報を取得し、出力内の ICCProfileOffset フィールドを調べます。

メモ

ファイル名をパスなしで指定した場合、iccread は、現在のフォルダー、MATLAB® パス上のフォルダー、iccroot によって返されたフォルダーの順にファイルを検索します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

ICC プロファイル データ。構造体配列として返されます。フィールドには、ICC 仕様で定義されたデータ構造体 (タグと呼ばれる) が含まれています。profile のフィールド数は、プロファイル クラスおよびプロファイル作成者が行った選択に応じて異なります。iccread は、指定されたプロファイルのパブリックとプライベートの両方のタグをすべて返します。プライベート タグと特定のパブリック タグはエンコードされた uint8 データとして残されます。次の表は、iccread で生成されたプロファイル構造体にあるフィールドを示します。

フィールド

データ型

説明

Header

1 行 1 列の構造体配列

プロファイル ヘッダー フィールド。

TagTable

n 行 3 列の cell 配列

プロファイル タグ テーブル。

Copyright

文字ベクトル

プロファイルの著作権情報。

Description

1 行 1 列の構造体配列

プロファイル記述。この構造体の String フィールドにはプロファイルを記述する文字ベクトルが含まれています。

MediaWhitePoint

double 配列

デバイスのメディア白色点の XYZ 刺激値。

PrivateTags

m 行 2 列の cell 配列

プライベート タグの内容または ICC 仕様で定義されていないすべてのタグの内容。タグ シグネチャは最初の列に示され、タグの内容は 2 列目に示されます。iccread では、これらのタグの内容は符号なしの 8 ビットのエンコードのままです。

Filename

文字ベクトル

プロファイルを含んでいるファイルの名前。

また、profile には以下の 1 つ以上の変換が含まれる場合があります。

  • 3 成分、行列ベースの変換: RGB と XYZ の色空間の間の変換によく使用される簡単な変換。この変換が存在する場合、profile には MatTRC という名前のフィールドがあります。

  • N 成分ルックアップ テーブル (LUT) ベースの変換: より複雑な関係がある色空間の間の変換に使用される変換。このタイプの変換は、profile の以下のすべてのフィールドにあります。

    AToB0

    BToA0

    Preview0

    AToB1

    BToA1

    Preview1

    AToB2

    BToA2

    Preview2

    AToB3

    BToA3

    Gamut

データ型: struct

ヒント

  • ICC プロファイルは、プロファイル接続空間 (PCS) と呼ばれる、ネイティブ デバイスの色空間とデバイス非依存の色空間の間のカラー データを変換するために必要な情報を色管理システムに提供します。プロファイルをソースまたはデスティネーション プロファイルとして関数 makecform または applycform と共に使用すると、色空間変換を計算できます。

R2006a より前に導入