Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Image Processing Toolbox 入門

画像処理、可視化および解析の実行

Image Processing Toolbox™ は、画像処理、解析、可視化およびアルゴリズム開発のための参照標準アルゴリズムとワークフロー アプリの包括的なセットを提供します。深層学習や従来の画像処理手法を使用して、イメージ セグメンテーション、イメージの強調、ノイズ除去、幾何学的変換、イメージ レジストレーションを実行できます。このツールボックスでは 2 次元イメージ、3 次元イメージ、任意の大きさのイメージの処理をサポートしています。

Image Processing Toolbox を使用すると、一般的な画像処理ワークフローを自動化できます。対話形式でのイメージ データのセグメント化、イメージ レジストレーション手法の比較、大規模データセットのバッチ処理を行うことができます。可視化の関数やアプリにより、イメージ、3 次元ボリュームおよびビデオの調査、コントラストの調整、ヒストグラムの作成、ROI (関心領域) の操作を行うことができます。

マルチコア プロセッサや GPU で実行してアルゴリズムを高速化できます。多くのツールボックス関数では、デスクトップ プロトタイピング向けや組み込み型ビジョン システム デプロイメント向けの C/C++ コード生成がサポートされています。

チュートリアル

画像処理について

  • MATLAB のイメージ

    イメージの多くは 2 次元配列で表現されます。各要素はイメージのピクセルに関する情報を格納します。イメージ配列の中には、色情報やイメージのシーケンスを表すためにより多くの次元を持つものもあります。

  • ツールボックスでのイメージ タイプ

    イメージ タイプは、MATLAB® がデータ行列の要素をピクセル強度値として解釈する方法を決定します。ツールボックスは、バイナリ、グレースケール、トゥルーカラー、マルチスペクトル、ラベル イメージを含む複数のイメージ タイプをサポートしています。

  • イメージの座標系

    ピクセル インデックスと空間座標を使用したイメージ位置の表現方法を学びます。