ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

フォルダーまたはデータストアにあるイメージのサムネイル表示

イメージ ブラウザー アプリを使用すると、フォルダーやイメージ データストアにあるすべてのイメージの縮小バージョン ("サムネイル" と呼ばれる) を表示できます。

フォルダーにあるイメージのサムネイル表示

この例では、イメージ ブラウザーを使用してフォルダーにあるすべてのイメージをサムネイル表示する方法を説明します。例では、イメージの領域解析アプリでの使用に向きそうなバイナリ イメージを、Image Processing Toolbox™ サンプル イメージ フォルダー imdata で検索します。この例では、イメージ ブラウザー アプリにおいて、そこからイメージの領域解析アプリでイメージを開く方法を説明します。

イメージ ブラウザー アプリを開きます。MATLAB® ツールストリップの [アプリ] タブにある [画像処理とコンピューター ビジョン] グループで [イメージ ブラウザー] をクリックします。imageBrowser コマンドを使用してコマンド ラインでアプリを開くこともできます

イメージをアプリに読み込みます。[読み込み] をクリックして [イメージのフォルダーを読み込む] を選択します。この例では、Image Processing Toolbox サンプル イメージ フォルダーにあるすべてのイメージを読み込みます。ファイル選択ダイアログ ボックスで、imdata フォルダーに移動します。コマンド ラインでイメージ ブラウザー アプリを開くときにフォルダー名を指定することもできます。

 imageBrowser(fullfile(matlabroot,'toolbox/images/imdata/'));

フォルダーにあるすべてのイメージのサムネイルがイメージ ブラウザー アプリに表示されます。

サンプル イメージのサムネイルを表示します。詳細を見るために、[サムネイル サイズ] スライダーでサムネイルを拡大できます。また、[プレビュー] タブに個々のイメージを表示することもできます。この例では、多くの異なる形状を含むバイナリ イメージを選択し、[プレビュー] をクリックします。イメージ ブラウザーの [プレビュー] タブにイメージが表示されます。イメージを詳しく調べる場合は、[プレビュー] タブのイメージにズームとパンのオプションを使用できます。

選択したバイナリ イメージをイメージの領域解析アプリで開きます。バイナリ イメージを選択したので、イメージ ブラウザー アプリではツールストリップの [画像処理アプリ] セクションにある [イメージの領域解析] アプリ アイコンが有効になります。アプリと選択したイメージを開くには、[イメージの領域解析] をクリックします。

イメージ データストアにあるイメージのサムネイル表示

この例では、イメージ ブラウザー アプリを使用してイメージ データストアにあるイメージをサムネイル表示し、いずれかのイメージをワークスペースにエクスポートする方法を説明します。データストアの詳細については、データ ストア入門 (MATLAB)を参照してください。

最初に、イメージ データストアを作成します。この例では、Image Processing Toolbox に付属するすべてのサンプル イメージを含むイメージ データストアを作成します。

imds = imageDatastore(fullfile(matlabroot,'toolbox/images/imdata/'));

イメージ ブラウザー アプリを開きます。MATLAB ツールストリップの [アプリ] タブにある [画像処理とコンピューター ビジョン] グループで [イメージ ブラウザー] をクリックします。imageBrowser コマンドを使用してコマンド ラインでアプリを開くこともできます

イメージ データストアからイメージを読み込みます。[読み込み] をクリックして、[イメージ データストアをワークスペースから読み込む] を選択します。コマンド ラインでイメージ ブラウザー アプリを開くときにワークスペースにあるイメージ データストアの名前を指定することもできます。

 imageBrowser(imds);

[イメージ データ ストアをワークスペースから選択] ダイアログ ボックスで、イメージ データストアを選択して、[OK] をクリックします。

イメージ データストアにあるすべてのイメージのサムネイルがイメージ ブラウザーに表示されます。

データストアにあるいずれかのイメージをワークスペースに保存します。イメージを右クリックし、[イメージをワークスペースにエクスポート] オプションを選択します。[ワークスペースにエクスポート] ダイアログ ボックスで、イメージに使用する変数名を指定します。

イメージ ブラウザーからのイメージの削除とデータストアの作成

この例では、イメージ ブラウザー アプリのサムネイル表示を変更し、表示の変更をイメージ データストアに保存する方法を説明します。イメージ ブラウザー アプリでフォルダーのイメージを何度も表示して使用する場合、イメージの削除は雑多な状態の軽減に有効な方法になり得ます。イメージ ブラウザー アプリがファイル システムからイメージを削除することはありません。表示からサムネイルを取り除くだけです。

イメージ ブラウザー アプリを開きます。MATLAB ツールストリップの [アプリ] タブにある [画像処理とコンピューター ビジョン] グループで [イメージ ブラウザー] をクリックします。imageBrowser コマンドを使用してコマンド ラインでアプリを開くこともできます

イメージをアプリに読み込みます。[読み込み] をクリックして [イメージのフォルダーを読み込む] を選択します。この例では、Image Processing Toolbox サンプル イメージ フォルダーにあるすべてのイメージを読み込みます。ファイル選択ダイアログ ボックスで、imdata フォルダーに移動します。コマンド ラインでイメージ ブラウザー アプリを開くときにフォルダー名を指定することもできます。

 imageBrowser(fullfile(matlabroot,'toolbox/images/imdata/'));

フォルダーにあるすべてのイメージのサムネイルがイメージ ブラウザー アプリに表示されます。

イメージ ブラウザー アプリの表示から削除するイメージを右クリックします。削除するには、イメージ ブラウザー アプリのコンテキスト メニューで [ブラウザーから削除] オプションを選択します。イメージ ブラウザー アプリは表示からサムネイルを削除します。

イメージ ブラウザーに表示される一連のイメージの変更を、イメージ データストアに保存します。[すべてをエクスポート] をクリックし、ワークスペースのデータストアに使用する変数名を指定します。それ以降、このイメージ データストアを開くと、イメージ ブラウザー アプリはイメージ データストアに保存されたイメージのみを表示します。