ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ ブラウザー

サムネイルを使用したイメージの参照

説明

イメージ ブラウザー アプリでは、特定のフォルダーやイメージ データストアにあるすべてのイメージをサムネイル表示できます。このアプリに表示すると、複数の Image Processing Toolbox™ アプリの 1 つでイメージを選択し、開くことができます。アプリに表示されているイメージを MATLAB® ワークスペースに ImageDatastore オブジェクトとして保存できます。

イメージ ブラウザー アプリを開く

  • MATLAB ツールストリップ: [アプリ] タブで [画像処理とコンピューター ビジョン] の下にある [イメージ ブラウザー] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: imageBrowser と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

imageBrowser は、イメージ ブラウザー アプリを開きます。

imageBrowser(folder) は、イメージ ブラウザー アプリを開き、フォルダー folder にあるすべてのイメージを読み込みます。

imageBrowser(imds) は、イメージ ブラウザー アプリを開き、イメージ データストア imds にあるすべてのイメージを読み込みます。

R2016b で導入