Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ハイパースペクトル ビューアー

ハイパースペクトル データの可視化

説明

ハイパースペクトル ビューアー アプリでは、ハイパースペクトル データを可視化し、データ内の点および領域のスペクトル プロファイルを作成できます。

メモ

このアプリには Image Processing Toolbox™ Hyperspectral Imaging Library が必要です。Image Processing Toolbox Hyperspectral Imaging Library はアドオン エクスプローラーからインストールできます。アドオンのインストールの詳細については、アドオンの入手と管理を参照してください。

Hyperspectal Viewer app

ハイパースペクトル ビューアー アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にあるハイパースペクトル ビューアー アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: hyperspectralViewer と入力します。詳細については、プログラムでの使用を参照してください。

すべて展開する

インディアン パインのハイパースペクトル データセットを使用して hypercube オブジェクトを構築します。

hcube = hypercube('indian_pines.dat');

インディアン パインのデータを使用してハイパースペクトル ビューアー アプリを開きます。

hyperspectralViewer(hcube);

関連する例

プログラムによる使用

すべて展開する

hyperspectralViewerハイパースペクトル ビューアー アプリを開きます。

hyperspectralViewer(hcube)ハイパースペクトル ビューアー アプリを開き、hypercube オブジェクト hcube をアプリに読み込みます。

hyperspectralViewer(cube)ハイパースペクトル ビューアー アプリを開き、3 次元配列 cube を読み込みます。hypercube オブジェクトを読み込まない場合、アプリでできることが制限されます。

hyperspectralViewer close は開いているすべてのハイパースペクトル ビューアー アプリを閉じます。

参考

オブジェクト

R2020a で導入