ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マルチフレーム イメージからムービーへの変換

マルチフレーム イメージ配列から MATLAB® ムービーを作成するには、関数 immovie を使用します。この例では、マルチフレームのインデックス付きイメージからムービーを作成します。

mov = immovie(X,map);

この例では、X はムービーに使用するイメージの 4 次元配列です。

ムービーを再生するには、関数 implay を使用します。

implay(mov);

この例では、マルチフレーム イメージ mri.tif を読み込み、そのイメージからムービーを作成します。

mri = uint8(zeros(128,128,1,27)); 
for frame=1:27
	[mri(:,:,:,frame),map] = imread('mri.tif',frame);
end

mov = immovie(mri,map);
implay(mov);

メモ:

MATLAB ムービーを表示するには、MATLAB ソフトウェアがインストールされていなければなりません。MATLAB 環境の外部で実行できるムービーを作成するには、VideoWriter クラスを使用して、ムービーを AVI などの標準ビデオ形式で作成します。